Posts Tagged ‘行政指導’

SIMロック排除は効率的なビジネスモデルの再構築を促進する

<スポンサーリンク>


SIMロックの排除を国が強制するかもしれないという事について、松本徹三氏が「恨み節」を長々と詠っているようです。確かに、何事によらず国に強制されるのは心情的には不愉快ですが、(外から見て)日本の歪なケータイ電話市場を是正する為に、今回は、国による市場への干渉が正当化されるケースかもしれません。

松本氏は、日本のケータイ市場はもともと「特殊な背景」で成長したので、(東芝やシャープのような)メーカーでなく(ドコモやソフトバンクのような)キャリア主導でケータイの仕様決めや販売が行われているのであって、そのビジネスモデルが成立する為にSIMロックは必要である、と述べています。SIMロックを外すと、キャリア毎の独自サービスの互換性が「無い」ので、販売側もユーザーも混乱するだけで、ユーザーのメリットにならないと主張しています。

では視点を変えてこの問題を眺めてみましょう。ドコモやソフトバンクが、他社と接続の互換性の無い「サービス」構築をしたり、販売奨励金を出せるのは、SIMロックという前提条件が出発点です。逆に言えばSIMロックがあるからそこ、集客の為に独自サービス構築に投資しなければならず、その為に「我社専用仕様」のケータイをつくる事になり、その為に製造原価が世界一高いケータイを売る為に販売奨励金や特別な割引制度が必要になってしまうと考える事ができます。この状況を改善するきっかけが、SIMロック排除です。

ドコモやソフトバンクの事業目的は、通信による利益の追求です。SIMロックや、独自サービスや、販売奨励金に固執する必要がどれだけあるでしょうか。ノキアやサムソンの普通のWCDMAケータイを売って、今までと同じように利益を得られるのであれば、そちらの方が事業効率がより高いと言えます。ケータイを供給する業者も世界中から選択できるようになります。

もうひとつ、SIMロックを外して海外へ輸出する問題ですが、これは松本氏が述べているように販売奨励金や特別割引による不自然な安売りが原因です。これがなくなり、国内でのキャリア間移動ができるようになった時点で、激減すると断言できます。なぜなら、そのような状況では安価に調達したケータイには「縛り期間」が導入されて、購入即中途解約すると正規購入額を一括支払いする事になるでしょう。調達コストが増して旨みがなくなれば、それを行う者が減ると考えるのは合理的でないでしょうか。

以上のような理由から、国による「SIMロック排除」は、お互いの首を絞めあっているキャリアの問題を解決して、世界標準かつ効率的なビジネスを再構築する機会を与えてくれるものと考え、松本氏のSIMロック批判は再考の余地有りとご指摘させて頂きます。


4 comments - What do you think?  Posted by bobby - 2010/03/30 at 23:29

Categories: コンピュータ及び科学全般ネタ, 1.政治・経済   Tags: , , , ,

<スポンサーリンク>