Posts Tagged ‘改革開放’

中国は変って良いんです。

<スポンサーリンク>


中国へ民主化を強要する事は得策ではないと、以前から述べて来ましたが、そういう意見をブログで発信しているのは私だけではないと知り、ちょっと嬉しい気分になりました。

中国は民主化できるか?

ある国の文化を他国へ強制的に押し付けるのは文化的侵略であると書きました。人権という概念は欧米文化に属するものであり、まったく同じ概念に基づくルールを、多様な文化を持つ世界中へ、十分な文化的融合期間を設けずに押し付ける事は、文化的侵略に等しい行為ではないかと思っています。ある民族が固有の文化を持ち、他国からの文化的概念を導入した場合には、それが固有の文化に適合するように「カスタマイズ」される事は許されるべきです。

世界に目を向けると、欧米の価値観に照らして、より非人権的な慣習を保持し続けている国は沢山あります。イスラム圏です。イスラムの「非人権」的な慣習やルールのほとんどは、宗教(=文化)と密接に関連しています。彼らの価値観は、それが非人権的だと判断しないでしょう。彼らが自ら望むようになるまで、人権という価値観を外から無理やり押し付ける事に正当性はあるのでしょうか。

イスラム圏に較べれば、中国の人権問題の解決はより容易に見えます。共産党と名前は付いていても、現代の中国に共産主義の理念を心から「信じている」共産党員なんてどこに居るのでしょう?共産党は今や、政治的なエリートである為の閉鎖的な会員制クラブとして機能しており、共産党員が信奉する理念は「資本主義」です。

共産党政府が人権的な法的規制を緩めない理由は、ただただ政権維持の為の「道具」としての治安維持手段を手放したくないだけです。手放したくない理由は、むりやり糊付けした他民族国家と、高度成長に乗り遅れた人々の不満により、社会の屋台骨が脆弱であるからです。政府の最優先事項は社会の治安維持です。

欧米先進国が、政治的な道具として人権問題を振りかざすのではなく、真面目に中国の国民の為に民主化を支援する気持ちがあるのなら、やるべき事は、中国の資本主義の発展を支援し続ける事です。国土の隅々まで、資本主義の恩恵が染み渡り、社会が自ら安定するようになれば、治安維持の為の「道具」を持ち続ける必然性は消失し、共産党政府は国民の人権をより尊重するようになるでしょう。


Be the first to comment - What do you think?  Posted by bobby - 2011/09/04 at 21:47

Categories: 1.政治・経済, 3.中国ネタ   Tags: , , ,

中国は一党独裁の資本主義国家である

尖閣諸島問題に端を発して、俄か愛国心が国内に高まるなか、間違った前提に基づく対中戦略の議論が行われていると感じています。間違った前提から出発して、正しいゴールにたどり着く事はできません。「大量破壊兵器が有る」という前提でイランへ侵攻した米軍は、ついに大量破壊兵器の倉庫へたどり着く事ができませんでした。正しい前提条件で議論をする事は大変重要です。

テレビの政治討論番組やブログで中国脅威論を唱える方の多くが、中国を脅威と感じる理由のトップに、中国が社会主義国家である事を掲げているようです。wikiによれば、中国共産党は「産主義を実現するための初級段階として社会主義を行っている」とあります。しかしながら私は、中国が社会主義国家である事に大きな疑念を抱きました。

そこで、社会主義の定義をwikiで調べてみました。

社会主義は、資本主義の原則である自由競争を否定または制限し、生産手段の社会的所有・管理などによって、生産物・富などを平等に分配した社会を実現しようとする思想と運動の総称。

つまり社会主義の要素とは、
1)自由競争の否定あるいは制限
2)生産手段の社会的所有・管理
3)富の平等分配

確かに昔の中国は、大企業はみな国有で、自由競争の代わりに、第○次5カ年計画とかいう計画経済であったと記憶しています。

鄧小平は1978年12月に、改革解放という国内体制の改革および対外開放政策を開始し、それは現在に至るも中国共産党によって続けられていると理解しています。改革開放とは社会主義経済から資本主義市場経済への移行です。その要素とは、
1)市場における自由競争
2)資本と生産手段の私有
3)資本家への富の集中

次に、資本主義の要件をwikiで調べてみましょう。
1)私有財産制
2)私企業による生産
3)王道市場を通じた雇用、労働
4)市場における競争を通じた需要、供給、取引価格の調整、契約の自由

私は昨年、深圳に販売会社を設立して、パソコンやソフトウェアの販売を行っていますが、上記の要件をすべて満たす企業活動を行っています。

1972年以降の経済体制を、中国共産党は社会主義市場経済と呼んでいるようですが、これは共産党が国民に対して面子を保つ為の詭弁といえます。いまでも国有企業は計画経済を名目的に行っているようですが、その国有企業の多くはシンセン・上海・香港等の株式市場へ上場して資金調達しており、計画より企業の利益を優先するようになっているようです。

つまり、いまや中国の経済は基本的に資本主義市場経済と言えます。

「社会主義」とは社会主義的手段に基づき、富みの平等分配を行おうとする運動を表す言葉です。「社会主義国家」とは、それを行う政権を持つ国家の事だと考えます。この前提が正しければ、改革開放を続ける中国は、たとえ共産党の一党独裁国家であれ、理論的には社会主義国家ではありません。

なるほど、やっと私の疑念を晴らす事ができました。やはり中国は既に、社会主義国ではなかったのです。

故にみなさんも、中国について議論を行う場合、共産党の一党独裁ではあるが、資本主義市場経済を行う国家資本主義国であるという前提で、正しいゴールにたどり着くように、実り有る議論を行って頂きたいと願っています。

*)本記事は、アゴラへの投稿した記事です。

16 comments - What do you think?  Posted by bobby - 2010/11/24 at 15:48

Categories: 1.政治・経済, 3.中国ネタ   Tags: , ,

<スポンサーリンク>