Posts Tagged ‘アゴラ’

私も松本氏と同様に日韓関係は改善されるべきだと考えますが、その為のアプローチは少し異なります。戦時中の慰安婦問題や強制労働問題を含めて日韓間で政治問題化する歴史問題はすべて、大韓民国の初代大統領である李承晩が日韓併合時代 […]

水曜日, 10月 30th, 2013 at 17:25 日韓併合の客観的事実を検証する はコメントを受け付けていません。

最近はセカ就という言葉が流行っているようです。日本の将来が見えにくい、海外の方が刺激的、成功する機会が多いなどと言われ、日本を飛び出して外国で就職しようと言うことのようです。昨日、Podcastのオンザウェイ・ジャーナル […]

土曜日, 10月 26th, 2013 at 09:19 セカ就を直球ど真ん中から考えてみた はコメントを受け付けていません。

日本では、業務システムの開発案件というのは、一部のゼネコン的な大企業に集約され、実際の作業は下請けの中小零細企業へ丸投げされる傾向があるようです。その大企業が最近、下請けを海外へ切り替えているそうです。そうなれば国内の中 […]

金曜日, 9月 30th, 2011 at 13:10 オープンソースERPによる中小ソフト会社の生き残り戦略 はコメントを受け付けていません。

借金をどんどん借り換えてゆけば、借金の総額はどんどん膨らんでゆく。早晩、信用力の限界がきて、新しい借り主が見つからなくなれば、その時点で破綻します。サラ金地獄の典型例のような話ですが、今日は国家の借金についての話をします […]

土曜日, 9月 24th, 2011 at 23:43 国家は永続する存在か? はコメントを受け付けていません。

日本は超高速で、人口に占める老人の比率が増加しています。このように特定の年齢層が増大すると、政治家を選ぶ選挙では、特定の年齢層の利益を代表する政治家が選ばれやすくなるという考え方があるようです。たとえば年金の場合、老人の […]

火曜日, 9月 20th, 2011 at 15:31 世代別選挙における小幡氏の勘違い はコメントを受け付けていません。

日本国内の経済は、「失われた20年」と言われるように、横這いか下降線の状態でした。デフレの理由は経済が成長しない為であり、その理由は「生産性の低下」が原因だという人もいます。 先ず目指すべきは「生産性の向上」 しかしなが […]

月曜日, 9月 19th, 2011 at 13:15 企業は今も成長している はコメントを受け付けていません。

武田邦彦氏はブロゴスやそこまで言って委員会で、福島第一原発事故による放射能汚染がはじまった後から、人間の低放射能被爆の影響は未知であるから、0.1ミリシーベルトを20ミリシーベルトへ「勝手に」変更したのは違法であり、放射 […]

月曜日, 9月 5th, 2011 at 16:52 2 comments

日本人は、リスクに対する考え方が希薄だという事は、確かにあると思います。その根っ子のところにあるのは、自己責任意識が希薄で、なんでも「お上」頼りの文化に問題があるのではないでしょうか。しかし、ふつうの上場企業は、市場があ […]

日曜日, 9月 4th, 2011 at 09:10 ダメージコントロールができない日本人 はコメントを受け付けていません。

終戦記念日に日本人は「なぜあんな勝てない戦争に突っ込んだのか」と自問していると、池田氏がアゴラ記事で述べています。確かに国力差も戦力差も明白な米国に戦争を仕掛けるのは、いまから考えれば愚行でした。また、戦況が不利になり、 […]

木曜日, 8月 18th, 2011 at 14:00 何を守る戦争か? はコメントを受け付けていません。

小幡績氏と井上晃宏氏が大学院の存在価値について議論を行っています。最近、アゴラも少しずつ投稿者同士の議論が増えてきた感じです。アグレッシブかつスマートに議論をふっかける小幡績に注目しています。ところで大学院については、実 […]

日曜日, 8月 7th, 2011 at 08:41 大学院の価値 はコメントを受け付けていません。

池田信夫氏と小幡績氏がアゴラにて、日本リーダーシップの欠如についての記事をアップしました。両者の意見は似ていながら、細部で微妙な違いを見せて、なかなか興味深い記事になっています。 ところで私は、日本と似て非なるお隣の中国 […]

金曜日, 8月 5th, 2011 at 21:38 日本と中国のリーダー はコメントを受け付けていません。

阪上健生氏のメール引退の記事は、日本の企業文化や実務者の視点が欠けていると感じましたので私の意見を述べます。 プロバイダー側から見ると現在のメール方式は、大量メールの送信や、スパムメールの問題などに効率良く対応できません […]

水曜日, 7月 27th, 2011 at 23:30 メールがなくならない実務的理由 はコメントを受け付けていません。

この記事は、アゴラへ投稿した「香港を基準とした中国ビジネスモデル」に加筆しました。 関電の15%節電は、各方面へ大きなインパクトを与えたようです。以降、ブログやメールニュースなどで評論家の方々が、国内企業が日本脱出する可 […]

月曜日, 6月 20th, 2011 at 16:09 香港の価値・シンセンの価値 はコメントを受け付けていません。

4月末から5月6日まで、四国山中の田舎へ帰省していました。1月に亡くなった母の、生前の希望をかなえる為に、お骨を山へ散骨する為です。イベントが5月の連休中であった為、東京からたくさんの親族が集まり、20名近くの親族と友人 […]

日曜日, 5月 15th, 2011 at 12:39 あえて被災者というタブーを破ってみる はコメントを受け付けていません。

山口巌氏のリスクと不安を読みました。大変興味深い内容でした。基本的な主旨には賛同します。ところでこの記事が福島第一原発を代表例とする原発事故について述べているのであるとすると、事故や被災による異常状況のすべてを「リスク」 […]

月曜日, 4月 18th, 2011 at 19:32 原発事故はリスクではなく不確実性 はコメントを受け付けていません。

わざわざ批判記事を書いて頂いた石田氏へ、まずは感謝の言葉を述べます。それでは、下記の①と②について反論を開始させて頂きます。 ①現在の福島第一原発での事故への対処プロジェクトにおいて、このプロジェクトをデスマーチ化させた […]

火曜日, 3月 22nd, 2011 at 13:56 デスマーチの理由 – 石田氏への反論 はコメントを受け付けていません。

昨日の私の記事に対して、池田さんからもう「平和ボケ」から覚めようという反論を頂き、そのコメント欄にて、下記のご指摘を頂きました。 「日米同盟を強化すべきだ」という話と「中国が攻めてきたら戦わないで降伏すればいい」という話 […]

火曜日, 2月 22nd, 2011 at 16:10 7 comments

朝まで生テレビに出演した堀江貴文氏が、「国を守る」という事について異論を発し、集中砲火を浴びました。中国や北朝鮮が、「何の為に日本に攻めてくるのか?何をしに来るのか?かという疑問に答えられた人はいませんでした。というか、 […]

月曜日, 2月 21st, 2011 at 12:08 国を守るという意味 はコメントを受け付けていません。

アゴラに投稿したもともと我々の領土という愚のコメント欄で、尖閣諸島問題の経済面について述べた内容を、こちらのブログにも残しておきます。 結論から言うと、日本が名実ともに実効支配できている間に、海底資源のプレミアをつけて中 […]

土曜日, 12月 4th, 2010 at 21:01 10 comments

嫌中派の方が中国を批判する理由の一つとして、民主的な政治体制でない事をあげる方が多いようです。日米を含む先進国においては、国家を経済的・文化的に発展させる土台として、民主主義は重要な制度の一つであると考えます。しかしなが […]

月曜日, 11月 29th, 2010 at 11:14 民主主義は魔法の杖か? はコメントを受け付けていません。

アゴラに投稿した記事で、kaku360さんから下記の質問を頂きました。内容がすこし長くなるので、アゴラのコメント欄ではなく、こちらで回答します。下記内容は、私が思い出せる限りのもを列挙しており、体系的な資料をもとにしてい […]

水曜日, 11月 24th, 2010 at 22:48 中国の治安維持規制と緩和状況 はコメントを受け付けていません。

尖閣諸島問題に端を発して、俄か愛国心が国内に高まるなか、間違った前提に基づく対中戦略の議論が行われていると感じています。間違った前提から出発して、正しいゴールにたどり着く事はできません。「大量破壊兵器が有る」という前提で […]

水曜日, 11月 24th, 2010 at 15:48 16 comments

齋藤和英氏の日本的社会保障観を読んでいて、「通貨を安くしたいならそんな国家になればよいのだ。ところが日本政府がバブル崩壊以降行ってきたことはその真逆なのである」の部分に、思わず目から鱗でした。 市場に特殊なギミックが無い […]

月曜日, 10月 18th, 2010 at 20:10 経済繁栄と円安は矛盾するか? はコメントを受け付けていません。

To be determinedさんが質問削除の中で、「日本以上に中国人に対する入国制限が緩い国は、どこかにありますか?」という質問への私なりに回答したところ、コメント欄で再度の質問を頂きました。 「ところでビザの件です […]

木曜日, 10月 7th, 2010 at 13:16 9 comments

アゴラに立て続けに投稿された記事を見ると、領土侵犯の問題は、普段は合理的な判断力を持つブロガー達をも、盲目的な愛国心(=間違った愛国心)に駆り立てる危険なエネルギーを持っていると感じています。その中で池田信夫氏は、愛国心 […]

日曜日, 9月 26th, 2010 at 22:49 尖閣諸島における合理性 はコメントを受け付けていません。

ソフトバンクの孫社長と松本副社長は、原口総務大臣の「光の道」構想を強力にプッシュしています。私はベンチャービジネス経営者として孫氏を尊敬していますし、孫氏の提案にロマンを感じています。しかしながら細部において、ソフトバン […]

木曜日, 7月 29th, 2010 at 21:40 日本の未来の為にベネッセを買収せよ はコメントを受け付けていません。

斎藤隆博氏は電子教科書の真の狙いは「習った時期の違い」問題を軽減してくれる事だと主張しています。しかし齋藤氏はそのすぐ後で、参考書などを購入すれば解決すると自問自答しています。ほかに通信教育もあるので、地域格差は自助努力 […]

水曜日, 7月 28th, 2010 at 14:11 1 comment

管首相の民主党は経済成長政策のひとつとして、法人税を段階的に25%まで引き下げる事を検討しているようです。アジアでダントツに法人税が低いのは香港とシンガポールですが、日本の国税からタックスヘイブンとして認識されていました […]

土曜日, 7月 3rd, 2010 at 01:03 地方の産業がグローバリゼーションの波に乗る方法 はコメントを受け付けていません。

山内一也氏の「人獣共通感染症 第116回追加 口蹄疫との共生」によれば、ワクチンと感染の抗体を判別できるマーカーワクチンの技術は、1970年代後半に開発されているそうです。 (引用開始) 新しいタイプのワクチン開発は19 […]

火曜日, 6月 8th, 2010 at 10:27 19 comments

井上晃宏医師がアゴラで 口蹄疫に関する現在の対策を批判して以来、同記事のコメント欄では様々な意見が議論されています。ところで、動物衛生研究所の資料によれば、2009年から2010年にかけて、中国ではこれだけの広い範囲で頻 […]

火曜日, 6月 8th, 2010 at 07:54 6 comments