Facebookで脅迫まがいの嫌がらせ

最近、FacebookのMaze Defenseというゲームにハマッています。四角い箱庭に威力の異なる砲台(Tower)を迷路状に配置して、襲ってくるモンスターから陣地を防衛するゲームです。このゲームには多くのバリエーションがありますが、FacebookのMaze Defenseでは更に、会員同士が防衛同盟を作る事ができます。徒党を組む相手に、徒党を組んで立ち向かうという理屈です。

さて、数日前にある相手を撃破しました。その相手は、仲間9人と組んで、「私を攻撃するな、もし攻撃したら私の仲間が集団であなたへ報復する」という脅迫まがいの文言をぶら下げて、かなりアグレッシブに他人を攻撃している「卑怯」なグループの一人でした。

Jonathan某というその相手は、負けた数時間後に、早速私に「おまえなんか、俺の仲間がすぐにやっつけてやる」というメッセージを、私のFacebook画面に残して行きました。実は私は、Maze Defenseのとある有力な防衛グループに所属しています。私はJonathan某に、「あなたが一人で挑戦してくるなら受けて立つ。もしあなたが仲間を頼むのなら、私も自分の防衛グループを利用するだろう」と警告メッセージを送りました。彼は私の警告を無視して、その数時間後に、彼の防衛メンバーを使って攻撃し、私は見事に負けました。

私は警告通り、私の防衛グループに報告し、彼らの支援を受けて、半日後に私を負かした相手をやっつけました。私の防衛グループの別のメンバーも、私が報告した彼らグループの他のメンバーの一人を攻撃してやっつけてしまいました。ここまではゲームのルールの中での話しです。

短時間のうちに、仲間の2人がやられてしまいました。Jonathan某はたぶん相当驚いたのでしょう。彼は私のMaze Defenseの画面に、私と私の母を罵倒する広東語の悪態を残してゆきました。私のFacebook内のメールにも、悪態を送りつけてきました。

このような悪態文を送りつけてくる事は、残念ながらゲームとして許容される範囲を完全に逸脱しています。私はしかたなく、彼と彼の同盟グループのホーム仲間の画面を見つけ出して、記録を取りました。Facebookでは、同名のユーザーは山ほどいるので、相手のホーム画面を見つけ出すのはなかなか大変なのです。彼らのホーム画面には、自分たちのFacebook内での友人リンクを見る事ができます。彼ら自身の情報は少なくても、登録されている友人達をたどれば、彼らの素性を知る事は難しくありません。

Facebookのような匿名性の低いSNSでも、無思慮な人はしばしば、自分たちが匿名だと思い込んで、分別の無い事をしでかします。ゲームで負けただけで、相手に個人的な罵倒文を送りつけてくるJonathan某は、まさにそういう無思慮な人の典型でしょうか。

私がJonathan某への警告メッセージ(英文)をせっせと作成している横で、11歳になる息子は「こんな人はいますぐFacebookに通報した方が良いよ」とアドバイスをくれました。Facebook歴は息子の方が長いのです。私はそれも良いのだけれど、彼にも悔い改める機会があったほうが良いので、あえて警告メールを送るのだと息子に答えました。

メールを送っている時に、Jonathan某の同盟軍がやってきて、私のMazeを打ちのめして行きました。一昨日から今日までの2日間に、私のMazeは2回もやっつけられ、累計50個のTowerが消滅しました。そのあとすぐに新しいTowerを配置しましたが、お金が無いので弱いTowerしか置けません。2日前にくらべて、私のMazeはかなり弱くなってしまいました。そしてこれからまだ、彼らの同盟軍との戦争は続きそうです。彼らの同盟軍の中で、私に悪態を送りつけてくる行儀の悪いのがJonathan某ひとりだけだというのは不幸中の幸いでしょうか。

coalition-against-kingdom-guardian-patrick-wone-2009-05-30

Facebook Comments
Tags:
Comments are closed.