新型豚インフルエンザ 香港の感染例と対応

5月 2nd, 2009 Categories: 3.中国ネタ, 健康

香港でもついに新型豚インフルエンザの感染例が確認されました。ホテルは既に封鎖されています。これを受けて、香港では3段階の対応レベルの最高段階である「緊急対応レベル(Emergency Response Level)」に引き上げられました。余談ですが、香港でSARS騒動のグランドゼロになったモンコックのメトロポールホテルは、いまではメトロパークホテルと名前が変わりました。そして何の偶然か、今日の領事館メールで知らせがあった新型・豚インフルエンザの最初の感染者が宿泊しているホテルというのが、コーズウェイベイ(銅鑼湾)にある同名(たぶん系列)のメトロパークホテルというのは「笑えない」ジョークでしょうか。

[在香港総領事館]香港初の新型インフルエンザ感染例の発生

香港初の新型インフルエンザ感染例の発生

1.5月1日、香港政府は、香港初の新型インフルエンザ感染例が発生した旨発表しました。

2.曾蔭権(ドナルド・ツァン)香港行政長官及び周一嶽(ヨーク・チョウ)食物及衛生局長官が、香港で発生した新型インフルエンザ感染例について記者会見を行いました。概要をまとめると以下のとおりです。

(1)4月30日に、メキシコ・シティから上海経由で13時に香港に着いた25才のメキシコ人が市内ワンチャイ(湾仔)のメトロ・パーク・ホテルに宿泊していたが、5月1日20時、新型インフルエンザに感染していたことが判明した(同ホテルは封鎖されている模様)。

(2)同人と同行者2名は、病院に移送された。同人は発熱していたが、容態は安定している。また、同行の2名は検査を受けているが症状は出ていない模様。

(3)香港市民には、パニックに陥らないよう平静を呼びかけたい。

(4)香港は、3段階の対応レベルの最高段階である「緊急対応レベル(Emergency Response Level)」に引き上げた。

3.当館としては、本件を受け、佐藤総領事を本部長とする対策本部を立ち上げ、情報収集にあたっていますが、引き続き在留邦人の皆様におかれては、本メール配信サービスのほか、引き続き情報をフォローしていただくようお願いいたします。

*当館へのお問い合わせは http://www.hk.emb-japan.go.jp/jp/email_j.html にお願いします。万一現在お送りしているメールアドレスに質問等をお送りいただいても返信はできませんのでご注意下さい。     

Facebook Comments
Tags:
Comments are closed.