新型・豚インフルエンザ 香港の空港と学校での対応

5月 2nd, 2009 Categories: 3.中国ネタ, 健康

香港政府の空港と学校における豚インフルエンザの対応方法についての情報が領事館メールで届きましたので本文を下記のようにご紹介いたします。これから香港を訪れる方、あるいは在香港の学校へ子供を通わせている方の参考にして頂ければ幸いです。

[在香港総領事館]新型インフルエンザ:香港政府の対策 空港検疫 学校

新型インフルエンザ:香港政府の対策(空港検疫、学校)

新型インフルエンザ問題に関し、30日、香港政府は、空港における健康申告制度の開始、及び教育局が全学校に対して予防措置の強化を重ねて要請したことについて、プレス・リリースを発出しました。その概要は以下のとおりです。

1.30日、空港における健康申告制度を開始(http://www.info.gov.hk/gia/general/200904/30/P200904300323.htm)

・ 香港国際空港への到着客に対し、到着時に健康申告表(Health Declaration Form)を手交。旅客は入管前に記入、提出。

・ 38℃以上の熱のある旅客は、旅行経歴、症状を評価され、必要であれば更なる検査のため病院に向かう仕組み。

・ また、税関通過後、新型インフルエンザにかかる小冊子を配布。

2.教育局は学校に対し、予防措置の強化を重ねて要請(http://www.info.gov.hk/gia/general/200904/30/P200904300324.htm)

30日、教育局は、全学に対して再度レターを発出、WHOのフェーズ5への格上げに伴い、警戒を怠らぬよう要請。可能な限り早期に清掃と消毒を徹底し、海外で休暇を過ごす場合には子女の健康に注意するよう父母に促すことを求めた。

その他の具体的内容以下のとおり:

・ 学校は、呼吸器疾患或いは職員・生徒の長期欠勤が観察された場合、保健局Central Notification Officeに対する現行の報告システムに従うこと。

・ 1名でも学生或いは職員に新型インフルエンザ感染が確認された場合、衛生防護センターは当該学校の閉鎖につき勧告を考慮。また、同センターはその後の状況によって地域範囲の休校を決定。

(レターの詳しい内容は、教育局ホームページ(www.edb.gov.hk)の”What’s New”に掲載。)(http://www.edb.gov.hk/FileManager/EN/Common/letter_to_sch_20090430_eng.pdf

*当館へのお問い合わせは http://www.hk.emb-japan.go.jp/jp/email_j.html にお願いします。万一現在お送りしているメールアドレスに質問等をお送りいただいても返信はできませんのでご注意下さい。 

Facebook Comments
Tags:
Comments are closed.