新型・豚インフルエンザ 香港政府の取組

4月 29th, 2009 Categories: 3.中国ネタ, 健康

新型豚インフルエンザに関する香港政府の取り組みについて、香港日本総領事館より香港に居住する日本人に対する「お知らせ」メールをさきほど受け取りました。その内容は、日本政府の取り組みが他国とくらべてどのように「同じ」であるか、または「異なる」かを比較検討する為によい情報になるのではないかと思い、以下にメールの本文を紹介する事にします。

[在香港総領事館]新型・豚インフルエンザ関連情報(6)香港政府の取組

新型・豚インフルエンザ関連情報(6)香港政府の取組

2009年4月29日

在香港日本国総領事館

28日、ヨーク・チョウ香港政府食物衛生局長官が、同日朝のパンデミック準備運用委員会第2回会合において、関係政府部門と対策を協議した後、記者会見を行い、本件に係る香港政府の取組につき説明しました。その内容は以下のとおりです。

1.香港市民への不要不急の感染地域への渡航(特にメキシコ)の呼びかけ

香港市民に対し、不要不急の感染地域、特にメキシコへの渡航を控えるよう忠告する。また、メキシコをはじめとする感染地域から家族、友人等が来港する場合、もし、彼らが病気の場合、旅行は控えるよう忠告する。

2.水際検疫の強化

今週後半に、香港に入境する者に対して、健康申告書の提出を義務づける。香港入境後に病状が現れた場合、病人の隔離、治療、感染ルートの追跡を行い、香港域内でのウィルス拡散を防ぐ。

検疫官を香港へ到着した飛行機へ乗り込ませ、検査を行うことは考えていない。健康申告を行うことが最も妥当である。飛行機に病人がいた場合は、乗客リストに基づき追跡調査する。健康申告をして住所、電話番号が判明している場合は、彼らと接触を図る。

3.学校・教育関係

教育局は、昨日、全ての幼稚園、小、中学校に予防措置、緊急事態対策の強化を要請、また、疑わしい例が発見された場合は政府に通告するよう求めた。

香港にて比較的大規模な感染が発生した場合、若しくは、学校内で1例又は1例以上の病例が発生し、拡散の可能性がある場合には、休校を勧告する。

4.ある地域においてパンデミック等が発生した場合

隔離施設を稼働し、感染した市民を隔離し、香港中の学校を休校にする可能性がある。既に、各関係部門に対応できるように指示した。

病例が1~2例の場合は病院で隔離をする。病例が増加した場合、必要であれば、SARSの時のようにキャンプを設置する可能性も排除しない。病院の体制については、病人が爆発的に増加した場合は、緊急ではないと思われる患者数を減らし、隔離場所を確保する可能性もある。

5.香港で感染例が発生した場合の香港政府の対応

現在、正確な診断の為に2~3日必要とする検査を、ここ数週間で1日以内に短縮するよう研究している。感染例が発生した場合は、患者への治療を行うと同時にウィルス研究を行う。その後、当該患者が接触した人、患者の搭乗した飛行機(の乗客)等を追跡調査する。もし、患者に密接に接触した者がいたら、隔離を要求する。

6.大陸との関係等

(1)香港、大陸、マカオ当局との間では、いずれかの地域で感染例が発見された場合は、すぐに連絡をとりあうことになっている。

(2)ゴールデン・ウィーク中も、香港は水際での体温検査を続けるが、大陸側も同様の検査を行う。今朝、両地域(注:香港と大陸)の市民に病気になったら旅行しないよう呼びかける旨大陸側当局と話し合った。

7.マスクの供給

必要時には、政府は市民へのマスクの供給が可能。政府は十分な備蓄をしている。

8.タミフルの備蓄

十分なタミフルとリレンザの備蓄がある。香港の備蓄は他の国・地域より良い状態にある。

Facebook Comments
Tags:

4 Responses to “新型・豚インフルエンザ 香港政府の取組”

  1. 4月 29th, 2009 at 22:33
    1

    メールの内容を転載されたのでしたら、揚げ足取りみたいで恐縮ですが日本総領事館は用語を間違っていますね。横文字好きの日本の役人らしい(笑)。

    >ある地域においてパンデミック等が発生した場合

    パンデミック=感染、ではありません。
    国境を越えて世界的な流行になった状態がパンデミックですから、これは矛盾した用法です。
    この用法でしたら、エピデミックが正しい用語ですね。

    それにしても、日本では某牛丼チェーン(吉野家ではない)がメキシコ産の豚肉を使ったメニューを停止するなど、一部にいつもの過剰反応がてでいます。今回は国内全体としては比較的冷静ではありますが、それでもテレビニュースで豚肉は怖いから買わない、などとインタビューに答えている主婦が写っています。豚肉を加熱して調理しないのでしょうかね(笑)?

  2. bobby
    4月 29th, 2009 at 23:48
    2

    >フロレスタンさん

    まあ、感染した豚の肉でも、加熱すればウイルスは死滅するはずです。しかし調理時に生の肉を触るのであれば、やはりリスクは残るのかもしれませんね。

  3. 4月 30th, 2009 at 23:12
    3

    71℃以上の加熱でウィルスは死滅するようですね。
    生肉に関しては、インフルエンザの多くは飛沫感染で、接触感染も成立はするようですが、手洗いをまめにすることでかなりリスクは低減できると思います。

  4. bobby
    5月 1st, 2009 at 09:25
    4

    >フロレスタンさん

    接触で感染するのであれば、感染源の生肉を流通させるのは問題があるのではないでしょうか。しかしながら感染元の国からの豚肉はすでに輸入禁止になっていますから、そのような行政の処置に信頼性がある限り、消費者が豚肉そのものを買わないという事は合理的でないように思います。

Comments are closed.