2009年秋にiPhone新機種が出るらしい

4月 16th, 2009 Categories: コンピュータ及び科学全般ネタ

中国某所で聞いた話しと(はじめに)断っておきますが、iPhoneの次のモデルの生産が今年の10月頃に始まるようです。外形寸法はいまとほぼ同じくらいのようです。新機種は、どんな新機能がつくのでしょうか。

Facebook Comments
Tags:

7 Responses to “2009年秋にiPhone新機種が出るらしい”

  1. Isaac
    7月 22nd, 2009 at 11:34
    1

    池田信夫氏のブログへの貴コメント(2009-07-13)に対して、ここでコメントさせていただきます。

    Appleの四半期業績発表を合計すると、下記の通りです。
    a) Q307(Apr-Jun/07) ~ Q308(Apr-Jun/08) 主として1st Generation iPhone 612万台
    b) Q308(Jul-Sep/08) ~ Q309(Apr-Jun/09) 主として3G 2025万台

    a)には3Gが一部含まれておりますし、b)には3GSの売り出し直後の数字が含まれますので、正確な数字は分かりませんが、議論されていた「いまから一年間での3G」は2000万台弱売れたと思われます。皆さんの予想の上限ですね。iPodはホリデーシーズンに2200万台売れて、他の四半期は1000万台強、MacはJul-Sepの米国の新学期セールが最大値、という傾向になっていますが、iPhoneにはまだ決まって傾向は見えませんね。しっかしよく売れてますね~

  2. Isaac
    7月 22nd, 2009 at 12:59
    2

    すみません、間違いがありました。

    a) Q307(Apr-Jun/07) ~ Q308(Apr-Jun/08) 1st Generation iPhone「のみ」で 612万台
    3Gの発売は2008年7月11日でした。

  3. bobby
    7月 23rd, 2009 at 11:04
    3

    Isaacさん、情報有難うございます。もしお分かりになるのであれば、上記の数字が米国市場のみか、あるいは全世界のものかを教えて頂けますでしょうか。

    それにしてもiPhoneの2千数百万台はすごいと思います。普通の携帯電話なら、機種が世代代わりすると古いモデルの多くはお蔵入りされると思いますが、iPhoneの場合には古い機種でも良いからと、譲ってもらい使うユーザーがほとんどではないかと思います。つまり上記の数字は単なる出荷台数ではなくて、有効なユーザー数にかなり近い数字だと思いますので、携帯電話の出荷台数・ユーザー数と単純に比較できませんね。

  4. Isaac
    7月 23rd, 2009 at 16:28
    4

    Bobbyさん、

    数字はすべて全世界の数字です。米国のみの数字は発表されませんし、時々AT&Tからactivationされた台数が出て来ますが、かなりずれている様な気がしますね。(最初の頃は米国で買って、中国に送るとか、かなりやられていましたので。)

    1st Generation => 3G => 3GS にupgradeされる方は多いでしょうが、古い機種はオークションで高値で取引されてますので、累計販売台数ほぼ全部が現在の有効ユーザー数だと思われます。今見ると、ヤフオクでも3G 16GBが5万円近いですね。どうせSoftBank Mobileと契約するのなら、新品買った方がいい様な気がしますが。さすがに、そろそろ1st Generationは電池がへたって、電池交換は諦めて3GSを買う人が出てくるでしょうから、今後は販売台数と有効ユーザーが乖離して行くでしょうが。

    そこここで言われている様に、従来の携帯の「計画的陳腐化」と真逆を行っていますね。すばらしい!かくいう私は、3Gを買ってから来月で1年になりますので、3GSにearly upgradeするか、思案中です。3G欲しいです〜 黙って買っても、見た目が変わらないので、カメラの機能の差等を知られなければ、家内にはばれないでしょうし。(家内も3Gユーザーです。)

    「有効ユーザー数=独自文化を創成したか」と言う事なら、忘れてならないのが、iPod Touchですね。Appleの今年1月の発表では、iPhone 1,700万台に対して、iPod Touchが1,300万台の販売との事です(全世界)。両方を同じプラットフォームと考えれば、今では合計で4,000万台は優に越えている可能性があります。(元々、iPhoneを単なるスマートフォンと考えるのは無理があると思います。)今年のクリスマスシーズンはTouchが激売れする可能性あると思います。iPhoneの販売がさらに加速している事を考えれば、ゲームのデベロッパーが熱狂するのも無理からぬ事ですね。

    長文失礼しました。

  5. bobby
    7月 28th, 2009 at 11:55
    5

    Isaacさん、ご返事おくれてすみません。数字は全世界のものという事、了解です。有難うございました。iPhoneアプリには、電話機能と無関係のものが多いと思いますので、Touchを含めて4000万台はすごい数だと思います。

    iPhone 3G Wiki blogさんの記事によれば、2008年第三四半期のiPhoneの市場占有率は、全携帯電話機シェアの2.3%を占めるにいたったと伝えています。大したものだと思います。

    「1位Nokia(38.9%)、2位Samsung(17.1%)、3位Sony Ericsson(8.5%)、4位Motorola(8.4%)、5位LG(7.6%)、6位Apple(2.3%)」

    http://blog.sohaya.com/2008/10/31/apple%E3%80%81iphone1%E6%A9%9F%E7%A8%AE%E3%81%A7%E5%85%A8%E6%90%BA%E5%B8%AF%E9%9B%BB%E8%A9%B1%E6%A9%9F%E3%82%B7%E3%82%A7%E3%82%A2%E3%81%AE23%E7%8D%B2%E5%BE%97/

  6. isaac
    7月 28th, 2009 at 14:44
    6

    Bobbyさん、
    そうですね、689万台売れて、Steve Jobsが「Blackberryを越えたぞ!」と言っていたのが2008年第三四半期でしたね。

    ところで、iPhoneネタと海外子女教育ネタでひどく寄り道してしまいましたが、本命のエントリーはERPソフトとかもの作りのネタですので、別途コメント入れさせていただきます。

  7. bobby
    7月 28th, 2009 at 17:24
    7

    >本命のエントリーはERPソフトとかもの作りのネタですので、別途コメント入れさせていただきます。

    Isaacさん、コメントお待ちしております。

Comments are closed.