セブで無線LAN

9月 29th, 2004 Categories: コンピュータ及び科学全般ネタ

今日は、ビーチハウスのヲタクなバー・カウンターと、輸出加工区内で小規模ながら無線LANブロードバンド・インターネットのサービスをやっていますので、その屋外アンテナなんかをご紹介します。

昨夜は、セブ市内の「のんき」という料亭風居酒屋で、チト飲みすぎ・食べすぎました。おかげで夜中から腹痛で3回くらいトイレに通った後で、ようやく眠ることができました。

腹痛で唸っていた夜中に、ゴロゴロ・ズンズンという音と共に、雷雨がやって来て、けっこうな雨を降らしてゆきました。

朝起きると、きれいな青空になっていましたが、テラスはまだ濡れています。庭に出ると、昨日のブログでご紹介できなかったビーチハウスの正面からの写真を撮りました。それがこれです。庭の草が、まだ雨と夜露で濡れて、青々としています。

20040929-1.JPG

裏庭に回って、海側のゲート脇から、海辺の写真を撮りました。景色の左側にみえるのは、おとなりのマリバゴ・ブルーウォーターというリゾートホテルのプライベートビーチです。ここからジェットボートを発進させる事ができるようになっているのですが、残念ながらボートは今のところありません。

20040929-2.JPG

現在、このビーチハウスのマスターベッドルームに住んでいるM氏が完成させた東南アジア・テイストの屋内バーです。ビーチハウスの一階は、もともとはクルーザーのガレージになっていたのを、今のオーナーが購入したときに手を入れて、50人くらいでパーティーができそうな、大きなリビングに作り変えました。バーカウンターは、その一角にあります。

20040929-3.JPG

ブリティッシュ・パブの雰囲気をベースに、かなり東南アジアなテイストで装飾を加えていったようです。タペストリーのような写真が真ん中にあり、その周辺を弥勒菩薩の写真や、魚釣りしている仙人の陶器や、サリサリストアーでぶら下っている使い捨てシャンプーのパッケージ等が、ごった煮のようにちりばめられていますね。

さて、ビーチハウスの話しはこの辺にして、次の話題に移ります。

最近はセブでも、xDSLのブロードバンド・インターネットがだいぶ普及してきましたが、数年前までは、高価な専用線しか、まともにインターネットを引く手段がありませんでした。そこで、専用線コストを下げる為に、ご近所の会社へ無線LANでインターネットのサービス提供を始めました。

下の写真は、うちのオフィスのある建物の屋上に設置した、ゲイン12dBの指向性タイプのアンテナです。メーカーはLucentです。ほぼ全てのお客さんが、こちらの方向に位置しています。

20040929-4.JPG

これは、各基地局に設置してあるビルディング・無線ルーターです。メーカーはメルコです。いろいろ試しましたが、これがいちばん安定していて、費用対効果も高いですね。

20040929-7.JPG

これは、とあるお客さん側のアンテナです。無指向性のダイポールアンテナですが、一応6dBのゲインがあります。

20040929-6.JPG

怖いの落雷です。各アンテナには、サージプロテクターと、アース線を取り付けていますが、いまのところはまだ雷にやられた事はありません。

Facebook Comments
Tags:
Comments are closed.