ポストは無から生じない

3月 19th, 2009 Categories: 1.政治・経済

城繁幸氏が「若者はなぜ3年で辞めるのか? 年功序列が奪う日本の未来」のインタビュー記事に対して、小倉氏の記事内容は意味が良くわかりません。

城さんのコンサル相手は「中小企業の社長」さんのようですので、小さな国内貿易会社を例にして会社組織と社員の出世について考えて見ます。
job-hopping-1

これが中小企業の代表例だ、などというものはありませんが、私が思いつく、ちいさな会社の一般的な会社組織を上の図にしてみました。図中でオレンジ色が新入社員(あるいは入社3年以内の新人君)です。(ポスト争いを強調する為に、オレンジ色の社員の比率をわざと高めています)

さて、小倉氏はこちらの記事で、「一般に,年功序列型の人事体系をとっている組織においては,ポストは概ね同世代間で争われることになっており,上の世代がポストを独占しているが故に下の世代にポストがないということは通常起こりません」と述べています。

ここで言うポスト争いとは、組織の最下層にいるオレンジ色(新人君)と白色(先輩社員)が、自分の所属する組織(営業、購買、経理・総務)の責任者(部長さんか主任さん)のポストを狙う、という事になります。つまり下図のような状況です。
job-hopping-2

この状況において、私の理解が間違っていなければ、ポストを狙うのは「同世代の社員同士」ではなく、新人君と先輩社員を含む「同等の職位の社員全員」という事になります。

また、年功序列型人事体系では、いま青色ポストを占有しているのは、城氏が言うように「上の世代」という事になります。まさに、「上の世代」が後輩社員の頭を抑えている状況になるようです。

出世の対象となるポストの有無について小倉氏は「同世代間での出世競争に勝ち残れば,役職適齢期が来ればいずれ然るべきポストに就くことができます」と言っています。しかし、上図において青色ポストの責任者が転職または退職してポストが空かない限り、「然るべきポスト」の空きは生じません。また、平社員の数は青色ポストの数より少ないので、不老不死でもない限り、すべての平社員がいつかは青色ポストへ就く事は不可能です。

小倉氏はいったい、どこの「然るべきポスト」の事を言っているのでしょうか。もう少しわかりやすく説明して頂きたいものです。

かりに上図の中に優秀かつ野心家の平社員が居た場合、どれだけ待てば青色ポストが空くか不明な会社に長く留まる可能性は、一般的には低いのかもしれません。

Facebook Comments
Tags:

2 Responses to “ポストは無から生じない”

  1. 健冒症
    3月 19th, 2009 at 17:21
    1

    仮想モデルの会社は新人が多過ぎですね・・・

    設立後間もないのでなければ従業員のリテンションが全然出来てない、問題のある会社だと思います
    (だから人事コンサルに頼るのかもしれませんが)

    このような会社に優秀かつ野心家の平社員が入社する蓋然性は低いし、優秀かつ野心家の平社員でなくても見切りをつけて転職する可能性が高いですね

  2. bobby
    3月 19th, 2009 at 19:22
    2

    健忘症さん、有難うございます。ご指摘の通り、ポスト争いを強調する為に新人君を多めにしました。本文にもその旨を説明する文章を挿入致しました。

Comments are closed.