「現場主義」と無資格問題

11月 17th, 2017 Categories: 1.政治・経済

日産の無資格者による完成品検査の問題で、私が最初から思っていた通りの内容が、最終報告により明らかになりました。

参考文献:日産経営陣、検査員不足「認識せず」 きょう最終報告書

 

欧米(中国)の製造業で行われている生産管理は一般的にトップダウンです。生産管理課が上流にあって、部材調達から在庫から製造計画までを主体的に管理します。製造の役割は生産管理の下流で、与えられた計画に従って製造だけに集中します。品質管理課は出荷品の検査により最終的な品質に責任を持ちます。そのような生産管理手法は理論的に体系化され、関連著書もたくさん見られます。代表例として「リーン生産方式」というのはあります。トップダウン管理手法なので、経営側が生産管理に関与し易い土壌があります。

参考文献:リーン生産方式

 

さて、日本の自動車業界では、トヨタが生み出した「トヨタ生産システム」という「現場主義」を体系化した「宗教」にも似た理念をベースに、「ジャストインタイム」とか「カンバン」とか「アンドン」など、数々の具体的な管理技法を産み出して、他の自動車メーカーへも大きな影響を与えました。これは、上流であるべき生産管理や品質管理を、可能な限り製造現場へ「移管」する事で、余計な管理コストを削減する事も含まれています。製造現場がより多くの責任を負い、何役もこなすような仕組みです。

日産やスバルも、上記の具体化された技法を個別に取り入れながら、各社各様の生産管理を体系化しています。しかしどの日本の自動車メーカーにも共通しているのは、徹底した「現場主義」によるボトムアップ管理になっており、経営者は経費や製造原価の何%削減などの目標値を設定するとか、間接的な関与しかできない状況になっています。

これらの製造ラインでは、効率(工数削減による作業時間の短縮や人員削減)や品質(不良の原因究明と対策)の改善活動は、上級の管理者や専門家が分析して改善指示するのではなく、現場の工員が中心となって実施されています。今回の事案では、そのようにして「現場中心」で改善を繰り返した結果、会社の規則上は必要であったはずの最終検査員の資格者が工程の「ボトルネック」と認定され、いつのまにか「削減」されてしまったのだと考えられます。

現場の優先順位は「品質を高く維持」しながら「工数や原価を削減」して「生産性」を高める事です。ゆえに、実質的な品質が維持されていると現場が判断すれば、「それで良し」という事になり得ます。また、個々の改善実績は個別に経営側へいちいち報告しませんので、経営側がそれを知らなかったとしても不思議ではありません。

企業ガバナンス上は、ここが大きな問題点と言えます。

今回、日本の自動車業界が持つ「強み」が、逆に経営と現場の「乖離」という「弱み」となり得るという事例が現れました。この事案を「奇貨」として、経営側も現場管理の側も、時代のニーズに適合するように現場主義の「改善」を考えて頂きたいと願うものです。

Facebook Comments
Tags:
Comments are closed.