真にリベラルなメディアが欲しい

<スポンサーリンク>


大辞林によると、保守とは、古くからの習慣・制度・考え方などを尊重し,急激な改革に反対すること、とあります。

そういう思想的傾向の事です。

一方、保守に対して、リベラルがあります。

大辞林によると、リベラルとは、自由を重んじるさま。伝統や習慣にとらわれないさま、とあります。

これも、そういう思想的傾向の事です。

保守が伝統や習慣に「囚われる」のに対して、「伝統・慣習」から自由であろうとするのがリベラルです。

ただし、伝統から自由である事と、伝統だからと否定する事は違う話しです。

伝統や慣習の中には、客観的に見て、合理的なものもある筈です。

リベラルとは、伝統・慣習という理由で思考停止せずに、是々非々で合理的に考えましょう、という事だと思います。

もう一つ、右と左という思想的傾向について考えてみます。

調べてみましたが、右・左をきちんと定義するのは難しいみたいです。

日本で言うと自民党は右、共産党や社民党は左、という事になります。

民進党は、個々の議員はいろいろですが、政党としては真ん中よりすこし左みたいです。

で、世の中では、自民党は右であり保守、共産党・社民党は左でありリベラル、という事になっているようです。

自民党が保守というのはまあ良いとしましょう。

しかし、共産党・社民党はリベラルなんでしょうか。

リベラルは伝統・慣習からの自由という事になっております。

ゆえに、共産党や社民党がリベラルだというのは矛盾しています。

たとえ歴史は短くとも、共産主義・社会主義という思想に強く囚われているからです。

つまり、左であるという事と、リベラルであるという事は、イコールではないという事です。

さてここで、やっとメディアの話しに入ります。

日本のメディアは、「リベラル」という看板を掲げながら、その実はただの「左」であるものが多いようです。

たとえば、朝日新聞、毎日新聞。

「安倍政権だから」という理由で批判しているように見えます。

第二期の安倍政権は、左右に囚われない現実的な政策を行っているようで、新卒就職率などかなり改善されてますが、

安倍首相の個人的な信条が「すごく右」だろうという事で、左のメディアは目の敵にしています。

テレビの報道番組も、左が多い。

まあ、日本では、ジャーナリストを名乗る方の多くが左だから、という事なんでしょう。

あとの残りは「右」に寄っているようです。

読売新聞、産経新聞の他に、ネット・メディアに右が多いようです。

桜チャネル、ニュース女子、虎ノ門ニュースなどでしょうか。

ラジオ番組には、惜しいと思われる番組があります。

ニッポン放送のザ・ボイスと、TBSラジオのSession22です。

ザ・ボイスは全体的には右寄りですが、日替わりコメンテーターの中には、リベラルな方おります。

Session22は、わりとリベラルですが、荻原チキ氏の左バイアスが強くでた回は、残念な感じがします。

つまり、右でも左でもない、純粋にリベラルなメディアが見当たらないんです。

政治や国際情勢の問題に右のバイアスをかけると、勇ましいプロパガンダみたいになり、何も産みません。

経済や生活の問題に、左のバイアスをかけると、怒りや悲しみばかりを刺激して、気分が悪くなります。

私としては、とてもフラストレーションを感じています。

真にリベラルなメディアが、日本のどこかで産まれないものでしょうか。