日本はシリア難民を受け入れるべきか

<スポンサーリンク>


以下はあくまで個人の思いつきです。結論から先に書くと、日本は国連およびシリアの周辺国に対して難民支援の経済的な援助はするべきだが、シリア難民を直接受けいるべきではないと思います。日本だけでなく、欧米各国についても同意見です。その理由を以下に述べます。

1)宗教と文化の問題
ある国の宗教と国民の宗教への態度は、その国の文化や生活習慣と深く関連しています。欧米諸国の主要な宗教はキリスト教であり、日本は神道と仏教です。シリアは90%がイスラム教徒(70%がスンニ派、20%がシーア派)で10%がキリスト教徒です。(*1)日本や欧米諸国に数万・数十万単位の難民が来て、自分たちの社会を形成した場合に、その国の既存の文化を壊してしまう可能性があります。また、食べ物や生活習慣も大きく異なります。イスラム圏ではハラール(*2)という規則に基づく食品を食べる事に強く執着する人が多くいます。インドネシアではハラール表示として販売していた味の素の原材料の一部を米国から輸入しました。米国で材料を製造する過程で豚の酵素が使われていたのですが、その事が判明して暴動が起こりました。(*3)非イスラム文化の日本人が、ハラールを厳密に守る食品や調味料をつくる事はなかなか難しいのです。

2)治安の問題
ドイツでは既に、難民の収容施設や受入れ家庭が、難民受入れに反対する暴徒に襲われる状況が発生しています。大量の難民受入れは、広範囲な文化摩擦を生みますし、収容施設の中での争いも起こるでしょう。その結果、社会全体の治安が悪化して、受け入れ国の国力低下という事態も考えられます。

3)イスラム圏の難民はイスラム圏へ
先に述べましたが、イスラム教は単に精神的な拠り所という訳ではなく、生活習慣と一体の宗教です。かれらの文化を受け入れやすい場所、自分の民族(アラブ)や宗派(スンニ派、シーア派など)に近い人達が多い場所で暮らす事が望ましいのではないでしょうか。その点で、シリアの周辺国(ヨルダン、トルコ、イラク、イラン、サウジアラビア、エジプトなど)が難民を受け入れる事が望ましいと考えます。

4)経済的支援
周辺国に設置された難民キャンプでの生活(衣食住や教育)の改善、その国への定住(移民)の促進、難民キャンプから欧米諸国への「出稼ぎ者」を減らす為に、国連加盟国は周辺国へ経済的な支援を行うべきだと考えます。また、日本や欧米などの先進諸国は、そのような周辺国に対して、難民や定住者を含む、地域の雇用を促進するために、当該地域へ工場を進出させるなどのかたちで支援を行う事も有効と考えます。

ロシアがシリアの反政府軍とISへの空爆を開始しました。シリアで反政府組織が一掃され混乱を収め、政府軍が領内のISを壊滅させて、1日も早く難民が自分の家へ帰還できる事を祈っています。

資料:
*1:シリアの宗教
*2:ハラール
*3:インドネシアでの暴動