はじめに正義ありき

9月 24th, 2014 Categories: 1.政治・経済

米国がシリア領内のイスラム国の施設を空爆しました。この空爆では、シリア政府から米国への要請があるどころか、「空爆は国際法違反」と主張し、ロシアも「米国が国連決議を得ないままシリア空爆に踏み切れば「侵略とみなす」と警告した」そうです。

米の「イスラム国」空爆方針 イラク要請、拡大解釈も(東京新聞)

米国の空爆が自衛権の行使にあたるかについては、国際司法裁判所がニカラグア事件の判決(1986年)において、武力攻撃を受けた国による「事実の宣言」と「他国への援助要請」が必要であるとの判断を示し、国際法上、第三国が自分の判断で集団的自衛権を行使することはできないという歯止めをかけました。

シリアを空爆した米国と有志国の正当性は?(木村正人)

上記のような状況にも関わらず、いまのところ欧日の政府や議会から、シリア空爆に対する強い非難の声があがっているという話しは聞きません。その一方で、国民投票によるクリミアのウクライナ離脱や、ウクライナの正規軍と親露派軍による内戦では、第三者の検証に耐えられる明確な証拠が無いにも関わらず、ロシアは欧米政府から一方的に責められているように見えます。

これらの状況を見て感じるのは、「法治主義」というのはあくまで国家内部の事であり、国家間の関係においては、欧米先進国の「正義」という名のご都合主義が世界を動かしているんだな、というおおきなガッカリ感です。

安部政権の国連改革に多少なりとも期待しておきます。

Facebook Comments
Tags:
Comments are closed.