日本代表チームの方向性についてのメモ

7月 6th, 2014 Categories: 5.閑話休題

今回のワールドカップ日本代表については、心の底から「予測を裏切る素晴らしい展開」を期待していたのだが、結局は予測の通りの結果になってしまって残念です。このような結果を招いた問題はの原因は監督でも選手でもなく、ただただサッカー協会にあると言えます。夢のあるサッカーとか決勝リーグで勝てるチームとか言う前に、まずは予選リーグを順当に勝ち上がれる底力を付けることが必要ではないでしょうか。

前回の南アフリカでは、大会直前に岡田監督の英断にて、引いて守ってカウンター攻撃する戦略がとられましたが、あれは日本人には向いている戦い方だと感じました。引いているので守るエリアが狭く、体力的に劣る日本人でも最後まで動き続ける事が出来ます。決められた練習の通りに組織的に動けば良いので、個人の能力差を集団でカバーする事ができます。

そして最も重要な事ですが、素早いカウンター攻撃は敵側の薄い守備を崩すだけなので、メッシやネイマールのようなファンタジスタが居なくても、どの世代にも居る並に優秀な日本人選手で点を取る事ができます。だいたい夢のあるサッカーって、本田や香川や長友を前提にしているのだと思いますが、こういう人材が毎大会必ずいるとは思いえません。人材的に谷間の大会でも、予選リーグを順当に勝ち抜けるようなチームを作るのがサッカー協会の役目ではないでしょうか。その上で、逸材が揃い戦力が高まった大会では、一発、優勝を狙うというのなら話しはわかります。

上記の話しを踏まえた上で、今回の初戦とギリシャ戦を考えてみてください。守ろうと思えば1点を守りきれる(南アの時のような)チームであれば、初戦に勝てた可能性は高いと思います。逆にギリシャは、引き分けで十分と思えば、10人のチームでもそれを可能にする事ができました。だからこそ予選リーグを勝ち抜ける事ができたのではないでしょうか。

それから、セルジオ越後氏も繰り返し言ってますが、チームを強くするのなら強い相手の敵地へ乗り込んで、逆境の中での練習試合をもっと沢山やるべきです。ホームでの練習試合なんて要るのでしょうか?

ぜひ南アの時を思い出してほしい。その上で、1点をきっちり守れる「引いて守ってカウンター攻撃」のチーム作りへ舵を切り直してほしい。そのようなチームを作るのなら、岡ちゃんで良いじゃないですか、岡ちゃんで。日本サッカー協会さん、たのみますよ、まったく本当に。

Facebook Comments
Tags:
Comments are closed.