育休よりベビーシッター(3)育児は3年で終わらない

10月 14th, 2013 Categories: 1.政治・経済

片親・共働き家庭の母親がフルタイム正規社員としてキャリアを継続するには、育休や保育所の待機児童問題の解消では大幅に不足しており、月額5万円の住込みベビーシッターをフィリピンやインドネシア等の途上国から労働輸入するべきだという事を2回に渡ってのべました。 1)育児よりベビーシッター 2)育児よりベビーシッター(2) さて、上記の記事は子供が生まれてから3年間の育児期間について述べたものですが、今回の記事は子供が一人で家で留守番ができる年齢(中学校高学年または高校生)までの期間について述べます。 Roshe Run Donna 私が4歳(1968年)の頃、愛媛の田舎から神奈川県西部の新興住宅地へ家族で引越して来ました。母は田舎では看護師をしていましたが、家の近くの保育園は満杯で私を預ける事ができず、妥協して保育園への送迎バス付きの町工場にて工員の職を得ました。子供(私達兄弟)は先にバスで家(団地)の下まで送り届けられ、家の鍵を首から紐でさげた「鍵っ子」(*1)として、近所の悪ガキ(彼らの多くも鍵っ子)達と子供ばかりで群れをなしてみかん山や建築現場などで遊んでいました。あの時代、多くの家庭で共働きと鍵っ子は当たり前の事であり、そういう状況の中で兄弟姉妹を事故で失う事は稀ではありませんでした。社会もそういった織り込んでいたと思います。 Kyrie Irving Duke Blue Devils Jersey しかしながら現在の日本は、母親が自分のキャリア維持の為に年少の子供を「鍵っ子」にして家に放置する事を容認し難い社会へ向かっており、鍵っ子を積極的に増やすような政策を行う事は許されないでしょう。安倍政権は育休や幼稚園の待機児童問題にスポットを当てていますが、母親がある程度安心して仕事に専念できるためには、(子供にもよりますが)中学生か高校生くらいまで育つのを待つ必要があります。私の母がフルタイムの正看護婦として復職したのは私が中学校高学年になってからでした。子供が生まれてから少なくとも12年から16年くらいの間は、子供の保護責任を考えれば、育休や保育園の期間だけではまったく不足しており、母親はフルタイムの職を続ける事は極めて困難と言えます。     住込みのハウスヘルパーは、このような問題の解決策として効果的です。 Nike Flyknit Lunar 3   子供が小さい時には、ベビーシッターを行いながら、母親に代わって買い物や掃除洗濯などの家事を行いますので、母親が仕事の上に更に家事まで押し付けられる事をかなりの度合いで防いでくれます。 Adidas Zx Flux Homme Pas Cher 子供がある程度大きくなれば、親の代わりにハウスヘルパーが子供を幼稚園や保育園へ連れて行き、連れ帰る事ができます。子供が小学校に通うようになっても、帰宅した時にハウスヘルパーが家にいて子供を迎えてくれ、世話をする事ができます。 AIR HUARACHE 子供の様子がおかしければ、ハウスヘルパーが親(父親または母親)へ連絡して帰宅を促さす事もできます。 大卒でそこそこ以上の会社で正規社員の職を得た女性が、結婚して出産してもなお、仕事を辞めずにキャリアを継続させる為には、父親が仕事を辞める(ノマドワーカーになる)か、住込みのハウスヘルパーを雇用するのがもっとも容易かつ世界的に実績のある方法であろうと考えます。 nike air max pas cher 離婚や死別によって片親だけになった家庭でも、ハウスヘルパーが住み込む事で家の中に大人が二人になり、外に働きに出る親は、より安心して子供を家に残す事ができるだけでなく、家事全般の労働から開放され精神的にも楽になると考えます。   月額5万円(香港での相場を参照)の途上国から来た住込みハウスヘルパーなら、普通のサラリーマン家庭(世帯収入が月額30万円くらいあれば)十分に雇用可能です。 ADIDAS NMD   フィリピン人などの住込みハウスヘルパーは香港やシンガポールでは1970年代に普及しはじめて現在に至っており、(*2)べつに新しいものでも特殊なものでもありません。 Nike Flyknit Air Max Femme (*3)安倍政権の第三の矢は規制改革の方向性になるようです。 Scarpe Nike Air Max 90 働く女性を支援する為の規制改革を、ぜひとも断行して頂きたいと思います。 これで一応、育休とハウスヘルパーの記事は終了します。

Facebook Comments
Tags:
Comments are closed.