イルカ問題もかく議論されるべし

10月 27th, 2013 Categories: ブログ評論, 2.科学技術

さっき中絶問題はかく議論されるべしという記事を書きましたが、知性を持つ動物、たとえばある種のイルカやクジラなどの動物についてもまったく同じであると考えています。 AIR MAX SEQUENT どういう事かといえば、知性を持つと思われる動物に対して、人間がどのように対する(漁をして食べる、害獣として殺す、積極的に保護する、積極的な無干渉とする)べきかという議論は、 「人類社会をより良くする、より繁栄させるという大前提に立って議論を出発させるべき」 という大前提のもとで行うべきであるという事です。 Taylor Martinez 地球上の人類というフレームワークの中では、人類の社会がより幸福により繁栄するという目的の為の議論こそが有用であり、そこから外れた、イルカやクジラそれ自体の権利を主張する事は、まったく人類の為にならない不毛な議論となるだけです。 asics lyte 5 uomo 日本人はクジラやイルカを殺して食べます。 louboutin soldes escarpins 人間も自然の一部と考えれば(実際にそうなのですが)、知性の有無と生存の為の殺生は別の事と考える事は合理的です。 Nike Air Max 2017 Kopen ならば人類の為に知性ある他の動物はどうなっても良いという事かといえば、そうではありません。 Nike Air Max 2016 For Sale 人類が人類以外の低級の知的動物(バンドウイルカ、チンパンジ、犬、馬など)に一定の権利を認める事は、人類がより高次の倫理観に達するという事であり、それは人類社会にとってより長期的な繁栄の根拠となり得ます。 Kemba Walker NCAA Jersey このように考える事で、他の知的動物との共存という課題を克服する事が可能だと考えます。

Facebook Comments
Tags:
Comments are closed.