ペニオク=詐欺に非ず

12月 16th, 2012 Categories: ブログ評論, 釣りネタ, 1.政治・経済

ペニーオークションは2年前にいろいろと調べ、実際に参加してみた経験も踏まえて、興味深いビジネスだと思っていました。ただ、みなさんご存知のように、サイト運営者=出品者なので、高額商品の出品ではサイト運営者が「ずる」をするインセンティブが働きやすいという欠点を内在したビジネスモデルである為、入札参加者から信用を得る(維持する)のがなかなか難しいという問題があると理解しています。

ところで今、ネット上ではペニオクのステマ詐欺の話題で盛り上がっていますが、中にはペニオク=詐欺と決めつけている記事などもあったりするので、ペニオクのしくみを簡単におさらいしてみましょう。

サイト運営者はオークション・システムを構築し、オークション会員を募り、ウェブサイト上に商品を出品します。オークション会員は電子的なコインを購入して、1つのコインで1回の入札を行います。オークションは原則的には制限時間があり、一番高い金額を最後に入札した人が商品を落札します。サイト運営者の粗利は、入札価格+入札コインの総額ー出品した商品の調達価格ー送料です。これにサイト運営の間接費用を出品商品に按分した額を差し引くと、税引前の入札別利益となると思います。

上記の計算を見れば分かるように、このビジネスのキモは入札コインの総額をいかに増やすかというところにあります。当然、人気の無い(入札数の少ない)ペニオクは、容易にコスト割れして赤字が出ます。逆に、数千人以上が参加する入札では、大型液晶テレビや高性能パソコンなどでも十分に利益を出す事ができます。

このビジネスで成功する為に、キモとなる入札コイン総額を多くする為に、いろんな仕掛けを作っているサイトが多いようです。その仕掛けのいくつかを以下に示します。

1)入札時間が終了しても、一定時間(数十秒とか)以内に新しい入札があると、制限時間が延長され、これが延々と繰り返される。
2)1のルールを有効活用してもらう為に、ネット株取引の自動売買機能のような仕組みを導入して、入札者がパソコンの前にいなくても、自動入札を繰り返す事ができるようにする。
3) 高額商品の場合、入札者に指値をさせず、1枚のコインで、固定された小さな金額しか入札金額を増額できないようにする。

上記のような仕組みははいづれも、サイトの手引きやQ&Aをよく読めば理解できる事です。

ところでステマ詐欺と言われている今回の件ですが、芸能人がブログを書くのは宣伝活動な訳ですよね。テレビCMで芸能人が(嘘が見え見えの)宣伝したり、新聞・雑誌で商品の提灯記事を書いてもらうのはアリで、ネットのブログは駄目という根拠がイマイチ解りません。要するに、バックにテレビ局や大手出版社がいない事が問題だと言うのでしょうか?

ちなみに私がペニオクに挑戦した経験で言うと、人気の無い商品であっても、素人が落札するにはかなりの運が必要です。私はこういうゲームは苦手なので、結局1個もゲットできませんでした。

Facebook Comments
Tags:
Comments are closed.