あっと驚く四島返還のアイデア

10月 5th, 2012 Categories: 釣りネタ, 1.政治・経済

この記事はあくまで思考実験あるいは妄想の類として書きました。 Cliff Pennington Jersey つまり妄想であるからこそ、常識では不可能と思われる事を可能にする道があるかもしれない、という内容です。まずは下記の2つの記事の内容の一部を引用します。 プーチンの北方領土問題「最終決着」発言を読んで 「ではこの先100年経っても200年経っても、わが国はかつてのソ連の不当性を非難し北方領土返還を要求し続けるべきなのか。私は、個人的にはそれでもよいと思う。」 F-35の開発遅延で現実に直面する防衛省 「老朽化したF-4EJを2011年度から新型機に置き換える第四次F-X計画だが、本命であったF-22が2010年に生産停止が決定され、2011年12月にF-35が導入を決定した。しかし日本へ2016年度から納入される予定であったが、米軍への納入が2017年後半であると報道されており、ここに来て機種選定の変更もありえると言及されている。」 そもそも論を棚上げしてロシア政府の立場で考えれば、相応の大義もメリットもなく実効支配している領土を日本に返する事は、ロシア政府にとって大きな政治的敗北なので絶対に認めてはいけない事です。 しかし、国内の政治的敵対勢力と国民を納得させられるような大義とメリットがあれば、政治的価以外には何もない北方領土の返還に応じる事が可能になるかもしれません。では、どのような大義とメリットがあれば、政治的には不可能な「四島返還」の可能性を高める事ができるでのでしょう。その鍵はF-35の記事から見つけました。 米国のF-35の価格高騰と納期遅れが予想される中、機種変更もあり得るとの事です。 San Antonio Spurs そこで次期主力戦闘機として、ロシアの最新鋭機T-50(PAK-FA)の導入についてロシア政府を検討してはどうでしょうか。 Adidas Zx Flux Femme Rose T-50は自衛隊の要求する高いステルス性を持ち、もともと自衛隊が欲しかったF-22と肩をならべる性能があり、本体価格はF-35の3割ほどと廉価です。(国内でライセンス生産するとこれよりかなり高くなるでしょう。) 日本の空自がT-50の大量導入を検討するとなれば、ロシアの軍需産業は目の色を変えて政府をプッシュするでしょう。 Cam Robinson Alabama Crimson Tide Jersey もともと軍関係者は何処の国でも超保守的ですが、彼らの利益が日本にあるとわかれば、四島返還に好意的となる可能性があります。もともとロシア国内に反日感情はあまりないと言われています。この機会に経済関係も含めて日露関係を深める事はお互いに大きなメリットではないでしょうか。 もう一つ、空自が主力戦闘機をロシア製にすると、もう一つ別のメリットが生まれます。 中国が世界で最も警戒しているロシアと日本の政治的かつ軍事的関係が深まる事は、日本の中国への大きな牽制になり得ます。 ZX 750 中国からしてみれば、しょせん米国は太平洋の向こう側の国であり、船と飛行機を寄せ付けなければ怖くありません。 Miami Heat しかしロシアは違います。 Women Air Jordan 9 いまでも世界最大の陸軍兵力を持ち、長大な国境線を共有する隣国であるロシアは、中国にとって争ってはいいけない国リストがあるとすれば、米国より上の最上位にランクされているでしょう。 米国側から見ても、冷戦集結以降、地理的に遠い日本の価値は下がる一方である事は、最近の沖縄米軍の移転ニュースを見ても肌で感じられます。 air max 1 femme 日本は、当面は日米同盟を維持するべきですが、ロシアとの関係改善も検討に値するかもしれません。 如何でしょうか。

Facebook Comments
Tags:
Comments are closed.