「全国区選挙」Q&A

2月 29th, 2012 Categories: 1.政治・経済

船中八策にたりないものとは国政選挙を全国区一本にする事であると述べたところ、たくさんのコメントを頂きました。またBLOGOS編集部で「全国区だけで選挙」に賛成?反対?という Discussion Boardをアップして頂き、そちらの方にもいろいろな意見を頂きました。それらを踏まえた上で、「全国区選挙」についてQ&A形式で再度述べさせて頂きます。

1)人口の少ない地方が不利になるではないか?
船中八策は徴税権や権限を地方へ大幅へ移譲する事を前提とした道州制を掲げています。道州制が実現した後であれば地方に関する問題は道州政府の管轄事項になり、国全体に関する事が中央政府の管轄事項となるので、仮に国会議員が都市部から集中的に選出されたからといって、それがすぐに地方が不利になる事とは結びつかないと考えます。但し、国全体の効率性を優先した政策を選択した結果、特定の道州政府が固有の事情により不利益を被る事はあり得ます。たとえば沖縄の米軍基地集中化といった事です。

2)テレビの著名人が圧倒的に有利になるのではないか?
ただ著名なだけで主張したい政策の無い人、議員立法の制作能力がなかったり、議員としての基本的知識さえ欠如している人を除外する為に、国会議員となる為の資格制度を設ける事を提案します。議員が実務を行う上で必須となる基本的な知識(たとえば法律、経済、国際関係など)を担保する為に、国家試験による認定を行います。エリートや秀才を選別する事が目的ではありませんので、試験のレベルとしては、普通の社会人が通信教育、夜学、専門学校などで1−2年くらい真面目に勉強すれば十分に合格できる内容が適当と考えます。但し、中央及び地方政府で行政職の経験者や弁護士などの経験あるいは専門知識を有する人は試験を免除しても良いと思います。

3)インターネット選挙が必須になるのではないでしょうか?
はい。従来型の投票所による投票の他に、インターネットによるオンライン投票の導入を提案します。オンライン投票を可能とする事で、従来は投票所へ行く事が心理的に大きなハードルであった若年層(成人から30代前半)の投票率の向上が期待できます。オンライン投票が可能となる事で、世代間格差解消や、その他に若者の支持を得やすい政策(たとえばネット上での著作物の規制緩和など)を掲げた立候補者が現れる事で、政治的に無関心な有権者を減らす事ができると考えます。オンライン選挙にはスマート化された身分証明カードの導入が不可欠ですが、それについてはこちらをご参照下さい。

4)比例代表制で十分なのではないか?
比例代表制でもかまいません。しかし比例代表制は政党の得票数に比例して議員配分を決定するので、既成の大政党に有利です。しかし、現在の自民党や民主党を見る限り、大政党の看板に投票する事にメリットを見いだせません。私は、全国区選挙の目的の一つは、政治家個人の掲げる政策や人間性に投票という信任を与える事で、その人が自分の信念に従って国会で政治を行えるようになれば良いと考えています。船中八策では首相は公選制です。首相に就任した人が内閣を作るのだと思いますが、その際に、現在のように出身母体の政党の枠に縛られるのではなく、自分の意見に近い人を、議会あるいは市中から自由に選べば良いのだと思います。その為にも、政党の枠に縛られた政治にするべきではありません。蛇足として加えると、大臣と副大臣になるには、対象となる省庁の基礎知識を持った人を選ぶべきだと考えます。先に述べた国会議員の資格試験をパスした人の中で、更にを当該省庁の大臣の資格試験にパスした人の中から選ばれるべきだと考えます。

5)利益誘導型議員は淘汰されないのではないか?
当確ラインが10万票なら、道州議員が国政選挙へ鞍替えし、地元票を集めて勝つ事ができるでしょう。50万票なら、そのような議員の数をかなり減らせるでしょう。

6)全国区にしたら選挙資金がむしろ上がるのではないか?
選挙期間中は立候補者へ機会の平等を与える必要があるので、特定の候補者ばかりが資金力にものを言わせてメディアへ露出する事はできません。何にお金がかかるかといえば選挙ポスターと選挙カーかもしれません。全国区選挙では、この2つは非現実的なので禁止して良いかと思います。その代わり街頭や特定集会所での選挙演説と、ネット上(ホームページ、ブログ、SNS、ツイッターなど)での意見主張や議論は、本人が直接に意見主張する限りにおいて許可します。ネット上の活動も、人数動員してステマ展開しない限りは(もちろんステマ行為は禁止)基本的にローコストの筈です。

ここまで書いてみて、そうすると全国区選挙とした場合に、選挙期間中に行う選挙活動ってなんだろうと思いました。選挙区が全国になる事で、これまでは当たり前だった選挙方法が大きく変わる事が予想されます。その場合、選挙期間中にだけ自分の意見を主張する時間や機会が限定されてくるのであるのなら、そもそも日頃から自分の意見をネットを含めメディア上で主張して支持者を集めている人が圧倒的に有利になるのでしょう。

この辺についてはいろいろと議論と改善の余地がありそうです。

Facebook Comments
Tags:
Comments are closed.