菊川オリンパスに見る司法のダブルスタンダード

<スポンサーリンク>


意図的な「飛ばし」で粉飾決算を行ったオリンパスの菊川会長は、どうやら司法の手から逃れるようです。これだけの大きな金額を、悪質な手段で長期にわたり、意図的に隠蔽工作を行ったにも関わらず、上場廃止はおろか、関係者を検挙する気配もないのはどうした事でしょうか。

課徴金がいい – 弁護士早川忠孝の一念発起・日々新たなり

ホリエモンのライブドア事件の対応とは、だいぶ異なるようです。歴史ある立派な会社(と経営者)は守られて、ぽっと出の若者が経営するIT企業はよってたかって潰されるという、この国の司法のダブルスタンダードには開いた口が塞がりません。