TPP反対=国民不在

11月 1st, 2011 Categories: ブログ評論, 釣りネタ, 1.政治・経済

日本の農業はすでにほとんど「開国」しており、問題は米だけなのだ。もちろん米はもっとも重要な農作物なので、農業団体が必死になるのも理解できるが、米を偏重した社会主義農政が農業を滅ぼしたことは、多くの専門家の指摘するところだ、と主張しているのは池田信夫氏です。

TPPについてのウソとホント

円高維持と米麦の輸入自由化が実施されれば、「主食」の国内流通価格がかなり低下して、国民の大多数を占める中低所得者の台所事情が確実に改善されます。ところがTPP反対派は、GDP比率で0.36%、人口比率で3%未満の農家の「既得権」を守る為に、97%の国民に我慢を強いようとしています。

これほど露骨な国民不在の既得権保護があるのでしょうか?

Facebook Comments
Tags:
Comments are closed.