ジャーナリストが墓穴に至る道

10月 21st, 2011 Categories: 1.政治・経済

自分がジャーナリズムやってます、とはおこがましくて言えないけれど、何かを探求する際は、自分が納得するために手段を選ばずにやることを「是」としたい、と主張するのは、木っ端ブロガーを自称するジャーナリストのParsleyさんです。 Nike Air Max Thea Heren wit 「会見ごっこ」なら「自由」でも「報道」でもなくない? – Parsleyの「添え物は添え物らしく」 ジャーナリストの本分は政府や大企業などの隠された犯罪を追求する事かもしれません。 Fjallraven Kanken Large その為に政府が定めた「法」を一時的に破る事が正当化される事もあり得るでしょう。 asics france 1枚の決定的な証拠写真を撮る為に、犯罪者の敷地内へ不法侵入する場合などが例として浮かびます。 Peyton Manning Denver Broncos Jerseys しかしそれは、法律を破る事による社会的不利益より、犯罪を暴く事による社会的利益が十分に大きい事が明白な場合で、更に、法律を破るしか他に犯罪を証明する事が困難である等、いろんな制約条件が付加されており、ジャーナリストの特権ではありません。 nike air jordan 13 homme Parsley氏の発言で更に問題なのは、政府の法だけでなく、自分たちが決めた会見ルールについても同様に破って構わないという考えです。 NIKE AIR PEGASUS 92-16 会見は「鉄火場」なのだから、緩いルールはけしからんというのは一つの尊重されるべき意見ですが、ジャーナリストは正義なのだから、ルール無視して結果重視で行こうという考え方は、昨今激しい非難を浴びている「特捜」の正義と同じような墓穴に至る道だと思います。 Kanken Kids 如何でしょうか。

Facebook Comments
Tags:
Comments are closed.