分散型チャイナ・グレート・ファイアーウォール

チャイナ・グレート・ファイアーウォールという言葉を聞いたことがありますか?中国ではインターネット上のトラフィック(メール、ウェブなど)を公安警察がリアルタイムに検閲している事は、わりと広くしられていますが、実際に見た人はめったにいないはずです。最近、これの分散型マシンが出来上がり、インターネットでつながっている企業へ、公安警察が強制的(押し売り)に取り付けさせています。今日は、そのマシンをご覧下さい。

china-grate-firewall.jpg
写真をみるとお分かりのように「企智通」という製品名がついています。 以下、中文ですが製品紹介サイトから機能を抜粋してみました。(日本語翻訳は翻訳ソフトの訳文を編集したおのなので、だいたいの意味としてご理解ください)

随时查看内网用户上网行为,统计分析上网日志,让您实时监控企业的所有网络使用
ユーザーがインターネットを利用する行為を調べて、統計分析するためのログを作成し、リアルタイムでネットワークを監視する

网络文件传送、邮件收发、网络活动一目了然,不用担心内部泄密无从调查
ネットワーク上のファイル送信、メール送受信、ネットワーク活動が一目瞭然で内部の秘密漏洩の調査は心配無用。

有效屏蔽不良网站和引导员工上网行为,规避企业法律风险
効果的に不良なウェブサイトを遮断して、企業が法律に違反するリスクを回避する。

满足国家有关执法部门对互联网信息安全的管理要求。该产品已获得公安部销售许可证,并成为广东省公安厅指定网监备案产品
国家の関連法律執行部門を満たしている。この製品はすでに公安部の販売許可証を獲得し、広東省公安庁のネット記録機器に指定されている。

うちのエンジニアに聞いたら、このマシンには直列挿入型(WANとLANのポートがある)と並列挿入型(LANポートのみでADSLのハブポートへ並列接続する)があるそうです。どちらを選ぶかはユーザー企業が自由に選択できるそうです。値段は1万元くらいするそうですが、もちろん設置する企業側が自費負担(買取)するそうです。

機能としては、どうやらトラフィックの記録らしいです。特定のキーワードを検出すると自動的にレポートを公安へ送るようになっているのか、あるいは公安側がリモートで接続して、ログを定期的に吸い出すのか、「取り説」が付属していないので、その辺のところは何ともいえません。

Facebook Comments
Tags:
Comments are closed.