チベットの歴史表記の比較

4月 26th, 2008 Categories: 1.政治・経済

チベット問題が世間を騒がせている。実際の歴史はどうなのだろうか。もともと中国の領地だったのだろうか。よくわからないので、Wikipediaに書かれている日本語中国語英語の歴史表記を並べてみた。

【日本語バージョンの歴史表記】

チベットは、古代から独立国家であったが、清による支配を受け、清の滅亡後、再び独立国家となるが1950年に中国人民解放軍による侵略を受け、チベットは軍事制圧された。その際中国人民解放軍は、夥しい規模の破壊とともに、チベット族の大量虐殺を行った。その後チベット自治区が設置された。
1955年 – 1959年に「中華人民共和国政府による併合」に抗議するチベット動乱が勃発し、武力弾圧の結果、十数万人のチベット難民が発生した。チベット亡命政府のもと、異議申し立てが行われている。

【中国語バージョンの歴史表記】

西藏,古称吐蕃,现為中國的省级自治区。广义上的西藏是位于青藏高原之上,比邻尼泊尔、不丹及印度等地的一个区域。
中國政府所說的西藏是西藏自治區,包括目前受印度控制的藏南,基本相當於明[1]、清[2]和民國時期[3],拉薩和達賴喇嘛的地方政府管轄的區域。
西藏流亡政府定義的西藏,又稱大西藏地區,其范围包括今西藏自治区、青海大部以及小部份的甘肃、四川、云南,包括藏南即現時印度管辖的一個邦(阿魯納恰爾邦),面積兩倍于西藏本部[4]。藏语文区域和藏民族区域还广义来说西藏亦包含不丹、锡金与拉达克。西藏流亡政府聲稱,1950年之前達賴喇嘛管理衛藏、西康、安多三個西藏傳統省[5][6][7]。這種説法被西方媒體廣爲接受[8][9][10][11][12]。
传统意义的藏文化圈是由东北部的“安多”、东南部的“康”、中部的“卫”或“前藏”, 和“藏”或“后藏”四部份组成。藏文化圈的安多地區涉及西藏、青海、甘肃及四川的部分地區,康区东部涉及四川、云南及青海部分地區,康区西部及卫、藏、阿里则组成西藏自治区。藏人是西藏的主体民族,其语言为藏语,西藏的首府是拉薩。但西藏內非藏族人口也不少,是歷史形成的,涉及十七個民族。

【英語バージョンの歴史表記】

Tibet is a plateau region in Central Asia and the home to the indigenous Tibetan people. With an average elevation of 4,900 metres (16,000 ft), it is the highest region on Earth and is commonly referred to as the “Roof of the World.” Geographically, UNESCO and Encyclopædia Britannica[1] consider Tibet to be part of Central Asia, while several academic organizations consider it part of South Asia.
The region was unified in the seventh century by King Songtsän Gampo. In the 13th century Tibet became a part of Mongol-ruled Chinese empire and four centuries later Tibet was further incorporated into China in the Qing Dynasty.[2] The Dalai Lama lineage was established in 1578, and rose to political power during the times of the 5th Dalai Lama (1617-1682)[3]. In 1653, the “Dalai Lama” became an official title, as it is recognized by the Qing government[4]. In 1751 the emperor of Qing Dynasty decreed that the Dalai Lama and the Qing amban should exercise power jointly[5]. Between the 17th century and 1951, the Dalai Lama and his regents were the predominant political power administering religious and administrative authority[6] over large parts of Tibet from the traditional capital Lhasa.
In 1912 the 13th Dalai Lama unilaterally declared separation from China.[2] but two years later the Tibetans accepted nominal subordination to China.[7] From 1912 to 1950, Tibet possessed de facto independence,[8] although no nation has ever recognized Tibet as independent[9][10]. In 1951, under Chinese military pressure, Beijing and the Tibetan government signed an agreement reintegrating Tibet.[11] The 14th Dalai Lama, the head of the Tibetan government in exile believes that in order for it to modernize, Tibet must remain within the People’s Republic of China, although he also wants China to give “a full guarantee of preservation of Tibetan culture.” [12]

日本語サイトでは、中国による侵略の部分が強調されているように感じる。中国語サイトは、中国の一部になる以前の話しが無い。英語サイトは、あまり感情的でない表現で、淡々と歴史を述べているように感じる。

結論としては、もともと中国の一部であったわけではないが、清の時代に中国の一部となったようだ。日本にも沖縄(もと琉球王国)という似たような例があるが、非常に微妙な問題である事はたしかなようだ。 もし沖縄の人達が独立運動をはじめたら、日本の政府はどうするのだろうか。

Facebook Comments
Tags:
Comments are closed.