グローバル化とは産業拡散化

10月 28th, 2011 Categories: 1.政治・経済, 3.中国ネタ

日本の製造業の人件費は周辺国に比べてずいぶん高くなり、円高なのでドルベースの見積もり価格はますます高くなり、おまけに3・11による電力不足と電気料金値上げで原価上昇と、輸出産業は3重苦に喘いでいるようです。 adidas gazelle hombre ここまで来れば、国内工場をたたみ、海外へ「完全移管」する為の条件は揃い過ぎるほど揃ったといえます。 Nike Air Max 2016 Heren groen そういう訳で、これから「産業の空洞化」に拍車がかかるのでしょう。 nike air max 1 rose Femme しかし、産業の空洞化を止める為に訳の分からないカンフル剤を打つのはもう止めようというのは、大西宏のマーケティング・エッセンスさんです。 Christian Louboutin Pas Cher 大西 宏のマーケティング・エッセンス 以前にも書きましたが、グローバル化が進む21世紀に、国境というしょーもない線を引いて、その内外の経済収支を考えるのは建設的とはいえません。 AIR MAX THEA ULTRA FLYKNIT 日本の輸出はGDPの14%しかないそうですが、それは国内から海外への出荷と、海外工場から日本経由の再輸出を補足しているに過ぎません。 adidas neo 10k męskie 中国にあるたくさんの日系部材メーカーは、中国に進出した日本のセットメーカーの下請けが事業の中心なので、出荷も販売も中国内で完結しており、日本の輸出統計では補足できません。国境の内外に線を引いて、日本企業の活動を補足しようという考え方自体が陳腐化しているのです。 ADIDAS TEAM COURT このような状況に対応する為にには、日本政府は、国内産業の活性化を考えるより、日本企業がアジアや世界で活躍しやすいような方向で、環境整備を進める方が良いのではないでしょうか。 nike air jordan 11 mujer 重要なのは産業空洞化を防ぐ事ではなく、日本企業の産業拡散化を支援し、海外から国内へ、お金(利益)の流れを増やす事だと思います。

Facebook Comments
Tags:
Comments are closed.