答えは常に複数ある

1+1は2とは限らない。答えを2とするには、10進数という前提条件が必要である。

これは、先日見たエジソンの母というテレビドラマの受け売りである。[ゴーログ] 学校教育:答えは一つではないでとりあげた内容は、このドラマの主題の1つと言っても良い。ネタ元のベンチャー企業社長の挑戦、そして苦闘さんも、このドラマからインスパイアされたのであろうか。

主人公の少年はこのドラマの中で、何かにつけて「どうして、どうして」を連発する事で、様々なドラマの引き金を引く。

いまどきの賢い生徒は、学校で習うたいがいの事は予め漠然と知識を得ているので、たいがいの授業内容は疑問を持たずに「当然」の事として受け入れる。だから先生も予定調和を期待していて、生徒の質問も「どの辺」を「どの生徒が」と予測できる。私も昔から、先生という「権威」を受け入れ、授業の内容を「受け入れて当然」という態度を通してきた。ところが実際に社会に出ると、これではこれでは困る事が沢山ある事に気づいた。

ある客先で通関書類を印刷するソフトを開発した時に、こちらが用意して行ったフォームと、客先担当者の使っているフォームにいろいろと違いがある事が判明した。客先担当者は、「ずっと前から使っていた」、「いままでこれで問題なかった」、「通関の人もこれで良いと言っている」という根拠で、こちらのフォームへ変更を求めてきた。私の中の基準では、持参したフォームで良い筈なのだが、客先担当者も自分のフォームに強い自信を持っているので、こちらの意思を押し付けるわけにゆかない。

「なぜ、なぜ、なぜ」と、なぜを3回、問うてみる。

そこで客先担当者へ、このフォームは「なぜ」こうなっているのですか?と質問してみると、社内で貿易書類に精通しているAさんが数年前にフォームのもとを作成した事がわかった。

Aさんに「なぜ」と問うてみると、さらに昔、通関の担当役人にクレームされたのがきっかけで、そのフォームになったのだという事がわかった。

Aさんに貿易の本を調べてもらい、その資料を添付して、Aさん経由で(現在の)通関役人の担当者へ問い合わせたところ、どちらでも良いという返事をもらった。
どちらのフォームでも良いという答えを権威ある通関役人担当者からもらったので、わざわざ時間とお金をかけていまのフォームを変更する必要無しという社内的なコンセンサスをAさん主導でつくって頂き、持参したフォームを使用した通関書類ソフトを納品できた。

これはひとつの例であるが、ソフト開発の仕事をしていると、似たような例がいくらでも出てくる。お客さんが現在持っている「正しい解答」は、これまでのやり方という前提条件に立ったものであったり、他にもたくさんある回答の1つであったりする事が多い。それを、あなたは間違いです、と言うと、受け入れてくれない場合が多い。そのお客さんに、なぜを3回続けて質問すると、お客さんの頭の中で(当然という思い込みから見えなくなっている)現在の前提条件が明確になり、その前提条件をさらに解きほぐしてゆくと、最後にはお客さんも自分で納得してくれる事が多いのである。

学校の勉強とは、社会に出てからの前準備のようなものであるが、会社で仕事を始めると、帳簿付けのような集計作業を除けば、答えが1つしか無い業務はほとんど無い事に気づく。1つはおろか、そもそも答えの無い仕事で自分の答えを「目標」としてかかげ、それを実現させる為に努力するような仕事ばかりである。
別にエジソンのような天才を生み出す為ばかりでなく、普通の社会人として普通に仕事をする為にも、常になぜを問い、前提条件を疑い、答えの無い問いに答えを生み出すような教育が必要なのだと思う次第である。

ちなみに私の10歳になる息子も「これ何、どうして」をうんざりするほど連発するが、昔のように私が調べて答えるのではなくて、wikipediagoogleで自分で調べろ、と言うようにしている。知識を得る事そのものより、その知識を得る方法を得る方が、長い目で見て、子供にとって良い事だと思うからである。(と言うのは表向きで、実は面倒くさいからだと思っている人もいるようだが...)

Facebook Comments
Tags:

One Response to “答えは常に複数ある”

  1. とんちゃん
    11月 10th, 2010 at 13:48
    1

    1 + 1は何進法でも2になります。2進法では、10と表現しますが値は2です。

    しかし、1+1がどうして2になるかを説明しようとするとペアノの公理などをもちださなくてはなりません:
    http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9A%E3%82%A2%E3%83%8E%E3%81%AE%E5%85%AC%E7%90%86

Comments are closed.