歳入庁を創設せよ

9月 26th, 2011 Categories: 1.政治・経済

財務省がなぜ霞ヶ関や永田町を支配できるのか。それは「予算査定権」と「国税の査察権」を持っているからです。地元の企業や有力者から陳情を受けた国会議員は、財務省の官僚に頭を下げてお願いして、地元への予算誘導を実現させます。また、多くの議員は、公には認めないものの、活動資金を調達する為に様々な手段を駆使しているので、国税による査察を恐れています。故に、財務省の支配力を削ぐ為には、力の源泉である「予算査定権」と「国税の査察権」を取り上げるべきだという意見があります。

シリーズ/野田「財務省政権」の何が問題か?・・・(3)予算査定権、査察権が権力の源泉

江田けんじ氏の財政政策については、そもそも間違っているので支持しませんが、橋本政権のときに大蔵省と闘った知識と経験に基づく本記事は大変興味深く読みました。

警察庁が省庁から独立した独立行政委員会の下に置かれているように、「経済警察」ともいえる「税の査察権」を持つ歳入庁も、同様にして独立行政委員会の下におくべきというのは賛成です。歳入庁は、国税だけでなく、健康保険、社会保険の徴収機能を統合させるというのにも賛成です。

ただし、地方税の徴税は、機能的なダブりによる無題には目をつぶり、地方自治体に残すべきかと思いました。

Facebook Comments
Tags:
Comments are closed.