高句麗は中国か?

9月 19th, 2011 Categories: 1.政治・経済, 3.中国ネタ

歴史上のある国(地域)が、完全な独立国であったのか、近隣の大国の属領であったのか、実際のところを知る事は不可能です。歴史は勝者によって主観的に書かれるからです。

東北工程:高句麗史の歪曲やめない中国政府(上)
東北工程:高句麗史の歪曲やめない中国政府(下)

朝鮮日報によれば、中国は高句麗を「中国の東北地方」の国であったと自国の書に記載する事で、朝鮮の歴史をゆがめているそうです。高句麗は単に朝鮮半島の歴史上の国家というだけではなく、下図のように、中国の東北地方やロシア領となっている広大な領地を有していました。高句麗がどちらに属していたという事は、中国と韓国にとって、大きな政治的問題になるでしょう。

高句麗がどちらに属していたとしても、高句麗は高句麗であって、中華人民共和国でも大韓民国でもありません。朝鮮民族は、いまや東北地方の広い地域に拡散していますが、民族=国家ではないし、その必要もありません。

Facebook Comments
Tags:
Comments are closed.