原発事故はリスクではなく不確実性

4月 18th, 2011 Categories: 1.政治・経済, 2.科学技術

山口巌氏のリスクと不安を読みました。大変興味深い内容でした。基本的な主旨には賛同します。ところでこの記事が福島第一原発を代表例とする原発事故について述べているのであるとすると、事故や被災による異常状況のすべてを「リスク」として確率を計算する事は難しいのではないでしょうか。山口氏が触発された池田信夫氏のこの記事の他に、池田氏は下記のような記事も書いています。

主観的確率というレトリック*

福島第一原発のある場所に8メートル以上の津波が到来する確率は、周辺の地層を広い範囲で調べるなどの地質学的調査により、津波の高さと年代をまとめれば、その確率を計算する事ができます。しかしながら14メートルの津波が到来した場合に発生する外部電源喪失や、2次冷却系や、その他の致命的な設備機能不全は、リスクではなく不確実性であると考えます。

これらをリスクではなく不確実性と考える理由は、施設の設計やメンテナンスや改善は人間の意思により決定され、実施されるものですから、その結果を機械的な確率論で計算する事は困難だと考えます。

要するに、津波が明日来る確率は計算可能だが、それにより施設がどんな障害を受けるかは不確実だという事です。これは福島第一原発と第二原発の損傷程度が違う事をみれば明らかではないでしょうか。

重箱の隅をつつくような突っ込みで恐縮ですが、リスクと不確実性の違いについて気になりましたので指摘してみました。

Facebook Comments
Tags: ,
Comments are closed.