中国食品:安全な食品への道

2月 3rd, 2008 Categories: 1.政治・経済

中国はいま、粗悪な偽物商品、危険な食品が大量に出回っていると言われています。どうしたらこれを改善できるかについて、考えてみました。

農薬の問題は程度の差こそあれ、世界中どこにでも似たような現象はあるでしょう。資本主義における商売を単純に考えれば、「いかに商品を高く売るか」はすべての生産者の命題ですから。

ところが、生産者と消費者が非常に近いところにいる場合、だれそれの野菜を食べたら腹をこわしたという噂が自身にフィードバックしてくるので、商売と信用のバランスを考える事になります。

日本では、安全な食品を強調する場合に、生産地だけでなく農家まで明示する事があります。BSEが社会問題化してからは、消費者への安全を示す為に、国内の牛肉は畜産業者をトレースできるようなしくみを構築したと聞いています。トレーサビリティーは生産者に、自分の商品の品質(見た目や味のほかに安全性も含む)の向上を意識させますし、問題が起こった場合の責任が明確になるので、抑止効果もあります。

このようなトレーサビリティーを中国で大規模に導入して、安全性を市場価値の一つとして定着させれば、生産者は総合的な品質向上に努力するのではないでしょうか。

さて、トレーサビリティーの導入方法ですが、全国津々浦々にある役所の中に日本の「農協」のような部門を作って、各生産者の登録と、出荷時の記録を行います。出荷する商品には出荷番号(役所番号を付け、その番号の後ろに、先の記録と紐付けされた連番を付加)します。商品を運ぶ物流業者は、DHLやFedexの配達員が持っているようなバーコードスキャナで、出荷番号を読み取り、集配の記録を行います。

このようなしくみを構築すれば、問題が起こったときに、何時、誰が、何処で生産と出荷を行ったが明確になるので、安全性を損なうような商品の生産者を見つけて罰する事が容易になります。安全性なものをより高く売るという「飴」と、危険な商品を生産した者を罰するという「鞭」の政策で、対応できるのではないでしょうか。

Facebook Comments
Tags:
Comments are closed.