イノセントではいられない

2月 1st, 2008 Categories: 1.政治・経済

中国産の毒餃子は、意識不明の重体者まで出して社会問題化している。中国から冷凍食材を輸入している国内の業者は、一斉に取引中止したり、商品回収を表明したり、まさにパニック状態だ。なぜ、こうなるのか。

中国は日本にとって、無くてはならない食糧供給国となっている。しかしながら中国は、国内の常識が通用し得るレベルに至っていない事も周知の事実である。食糧戦略を考える上で、日本はもっと中国の現地情報を収集し、問題が起きた時にどうするかというリスク管理を徹底しなければならい。

中国の野菜に含まれる高濃度の農薬問題は、香港では昔からよく知られていた。年に何回か、農薬中毒で入院したり死亡したりというニュースが報じられた事を記憶している。上海の日本食材店では、野菜の農薬を洗浄する専用洗剤が売られているし、農薬洗浄済みと表示した野菜が売られている。

日本の政府と業者が行わないければリスク管理は、問題が起こらないような対策もあるが、起こった時を想定し、問題のある(回収と輸入停止すべき)食材の絞込みを迅速に行い、問題の無い輸入食材への影響を最小限にするしくみを、日本政府と中国政府は協力しあって作成する必要がある。

中国産品を敵視する事は、日本にとって百害あって一利の無い事である。

Facebook Comments
Tags:
Comments are closed.