東電の社債残高5兆円

<スポンサーリンク>


政府筋でも東電の国有化が囁かれ始めました。ブログで無責任に国有化すべしという記事は先週からちらほらありましたが、政府関係者が口にし始めた事は注目すべき事態です。その根っ子にあるのは、おそらく東電の社債残高が5兆円もあり、東電が倒産すると、金融界は大混乱に陥る事を懸念してではないでしょうか。

東電、いずれにせよ「事実上」の国有化は避けられず

(引用開始)
東電が発行している社債残高は5.02兆円、ブルンバーグによるとニュージーランドの年間生産額の半分に達するという。
...
震災前は日本国債の利回りに0.1%程度の上乗せスプレッドで取引されていた東電社債は、25日時点では上乗せスプレッドが0.67%程度と6倍以上に拡大している。バンクオブメリルリンチのデータによると、7つの東電の社債は最低でも価格が5.64%下落した
...
東電は金融機関を除くと最大の社債発行者であり、債券のデフォルトは金融市場に大きなインパクトを与える。
(引用終わり)

政府は東電を救済するなという意見もありますが、東電が掘った穴に金融界が引きずり込まれない為には、国有化の他に道はないのかもしれません。