究極のPDA(とりあえず今日時点)

11月 19th, 2007 Categories: コンピュータ及び科学全般ネタ

Samsungのi608ブラックジャックを買いました。これは(ペンでタップできない事だけを除けば)素晴らしいPDAです。PDAの鑑といっても言いすぎでないかも。

samsung-i608.jpg

私がブラックジャックが素晴らしいと感じる理由は、

1)軽い。たったの100gとちょっと。普通の携帯電話とかわりません。
2)薄い。たったの12センチ弱。
3)耳にあてたフィット感が電話と同じ。他のPDAのようなもっさり感が無い。

4)画面の切り替わり速度が軽快。ノキアのスマートフォンのような遅さがない。

5)キーボードもジョグダイヤルも、すべてのキー操作が右手だけで出来ます。

とにかく、ここまでの理由だけで、このPDAを買った甲斐があったというものです。休日の午後に、半ズボンのポケットに入れて持ち歩いても、まったく問題なしの軽量コンパクトボディーです。そのほかにも...

6)最新の装備をほとんど身に付けた高スペック。

  • 3Gで日本でも使用可。
  • HSDPA対応でブラウザも高速動作。
  • WiFi対応で事務所やホットスポットで高速インターネット接続。
  • Bluetoothもついてます。
  • 2.3″ 65K TFT QVGAカラーディスプレイ
  • マイクロSD対応。
  • 前と後ろに1.3Mのカメラが2個(これは2Mでもよかったかも)

7)メニューは英語と繁体字中国語表示だが、入力はピンインも対応。
8)CE Star(別途購入)で日本語の表示と入力も可能(ただいま設定中)

とにかく、私は幸せです。これでやっと、Treo750vとも、Apple iPhoneともお別れです。(iPhoneはまたどこかでお会いするかもね。)

Facebook Comments
Tags:

One Response to “究極のPDA(とりあえず今日時点)”

  1. 11月 21st, 2007 at 11:52
    1

    お~っ!

Comments are closed.