首相の辞意表明

9月 12th, 2007 Categories: 1.政治・経済

安部首相が辞意を表明した。熟慮の末の決断であると思うが、あまりに潔すぎないだろうか。それともカッコの付け過ぎか。

首相があまりにも回りに気を使い過ぎて、なにも出来ないうちに終わったしまった感がある。親子二代の悲願であった首相の座を、そう簡単に投げ出して良いのか。小泉前首相をもう一度思い返して欲しい。ジタバタしながらも、最後までやり遂げれば、一定の評価が後から付いてくるではないか。まわりの事を気にせず、なりふり構わず、自分の意思を貫き通した末に、それでも駄目なら刀を握ったままで討ち死にすれば良いのだ。カッコよく畳の上で腹切って果てようなんて思わない方がよい。

末代まで未練が残るよ。

Facebook Comments
Tags:
Comments are closed.