iPhoseのクラックに成功

8月 29th, 2007 Categories: コンピュータ及び科学全般ネタ

個人的に親しい友人が、世界中で話題沸騰中のiPhoneのクラックに成功した。成功を確認する一発目の電話が、「やったー!成功したー!」の声と共に、私の携帯にかかってきた。

iPhoneのクラックには何段階かあるようだが、電話以外の機能を使用可能にするのが第一弾。これはすでに、世界中でかなりの人が行っているらしい。

第二段は電話機能を使用可能にする事なのだが、これは大きくわけてターボシム(Turbo SIM)により米国AT&Tへの接続をハード的に偽装する方法と、ソフト的に偽装する方法があるようだ。

ターボシムは東欧チェコにある零細企業で製造・販売しており、世界中で注文殺到して入手困難。今朝注文可能になったようだが、入手は何週間も先になるもよう。モンコックの先達広場にある業者では、入手困難のこの状況を最大限に利用して、ターボシムを1枚HKD6000で販売している。すぐに利用可能にしたiPhoneの販売価格はHKD13000だ!

さて、ソフト的にクラックする方法は、米国AT&Tへの認証をソフト的に回避する方法で、iPhoneをパソコンに接続して何時間もソフト的にゴニュ・ゴニョすることで成立するらしい。この方法でクラックに成功している人は、今日現在、世界中で10人か20人くらいとの事。けっこうすごいじゃないですか。

いま、その友人は、クラック成功したiPhoneをかかえて、先達広場の業者へ見せびらかしにゆく算段をしているもよう。

私にも1台ヨロシクと、お願いしてみました。

Facebook Comments
Tags:
Comments are closed.