雇用を増やすだけなら1億総公務員にすれば良い

9月 5th, 2010 Categories: 1.政治・経済, 3.中国ネタ

管首相は「1に雇用、2に雇用、3に雇用」と言ったそうです。これに対して、池田信夫氏は、「雇用を生み出せば、経済の成長につながる」というのは、因果関係が逆であると述べましたが、私もその通りだと思います。まず雇用を増やせというのなら、政府はすべての失業者を公務員にすれば良いでしょう。それで経済が発展しますか?

お隣の中国では1998年頃、国有企業の危機が叫ばれ、失業者が溢れ、景気が悪い時代がありました。その後、国有企業はどんどん株式会社に転換して上海や香港の株式市場へ上場し、気がつけば高度成長期を迎えてGDP世界第二位となり、どこの工場でも労働者がひっぱりだこの状況が生まれています。

管首相だけでなく、民主党も自民党もみんなの党も、もっと実態経済を発展させる具体的な成長戦略を考えるべきです。いま、世界でいちばん成長しているお隣の中国の経済発展をいかに戦略に取り込むべきかが、日本の経済を短期で立て直す成長戦略のヒントになるのではないでしょうか。

Facebook Comments
Tags: , , ,

2 Responses to “雇用を増やすだけなら1億総公務員にすれば良い”

  1. taka
    9月 19th, 2010 at 20:34
    1

    冗談で一億総公務員と書かれていると思いますが、私は本気で、公務員のように無理やり仕事を増やすしかないと思っています。

    ここ数年、仕事は急速に減っていると考えています。
    たとえば電車一つ動かすにしても、昔は改札口の人や、切符を売る人等、今以上多くの人がかかわりまたし
    それなりの技能が要求されていました。また、製鉄工場にしても昔よりも大幅に、人がいらなくなっています。工場城下町はさびれてます。

    それに対して、どのような分野に雇用が生まれてきたでしょうか?コンピュータ化、機械化が進み必要な労働力は減っています。

    リーマンショック以前は日本も金融業だとか一部で言っていましたが、アメリカでさえ、製造業に戻ろうとしています。

    経済成長がある程度進んだ国は、社会の安定のためにも、低賃金の公務員を増やし、雇用を安定させることはある程度必要だと考えています。

  2. bobby
    9月 19th, 2010 at 21:03
    2

    takaさん

    >私は本気で、公務員のように無理やり仕事を増やすしかないと思っています。

    私は民間企業が増える事で、雇用を増やすべきと考えます。しかしながらリスクを取って海外市場へチャレンジする中小企業の経営者が減少しているようですから、それも現状では難しいですね。

    >低賃金の公務員を増やし、

    誰が彼らの賃金(税金)を払うかが大きな問題ですね。

Comments are closed.