電子教科書否定論者が教育を歪める可能性

8月 20th, 2010 Categories: 1.政治・経済

経済101の青木理音氏は、「電子教科書」巡りホットな論争を批判して、教科書は人格を歪めないと述べていますが私も同感です。私も青木氏と同じ様に、この記事を批判してみます。

「ついに学校でまで、かけがえのない人間形成期の子どもたちが多くの時間を電子機器とばかり向き合う時代になった時、ゲーム感覚そのままに、自己中心で勝ち抜くことばかりを考える人間を生み出すことにならないか、今こそ教育現場で議論すべきだ」

ここでは「ゲーム感覚」という言葉をネガティブにとらえていますが、学習を楽しくして、子供に興味を持たせる事は、年少者への教育の基本テクニックと思われます。幼児への教育教材の大半は、学習課題を歌や踊りに混ぜる事で教育という目的を実現しようとしています。ベネッセの小学校教材にも、あちこちに「ゲーム感覚」をちりばめる事で、子供が家でひとりで勉強する事を容易にしています。ゲーム感覚の導入により、多くの子供達がより効率良く学べるのであれば、それは良い事ではないでしょうか。

次にゲーム感覚=自己中心で勝ち抜く事ばかりを考える、という印象操作も頂けません。味方と協調しながら戦うゲームや、いろいろなゲームがあるのに、そういう事がすべて無視されています。

「教育とはコミュニケーション能力や想像力を高めることです。電子教科書は検索で答えを引き出す事が出来、自己完結型になってしまいます。今の教育のまま電子教科書を導入すると教育の欠陥が助長される事になってしまいます」

紙の教科書でコミュニケーション能力が高まるとは言えず、薄っぺらな教科書に、想像力を高める効果があるとも言えません。それとも、わざと粗末な絵を見せる事で、子供達の想像力を刺激しようという意図があると言いたいのでしょうか?想像力を刺激する目的であれば、鮮やかな写真や動画の埋め込みができる電子教科書は、十分にそのような効果が期待できると考えられます。

自分で検索する=自己完結型のどこが悪いのでしょうか?紙の教科書を使っている子供は、予習する時には、参考書や辞書を「検索」してきました。ネット検索に親しむ事で、沢山の情報の中から適切な情報を選択する情報リテラシーを高める事ができます。また、リンクを辿る事により、短時間により多くの周辺知識に到達できます。

上記のような理由で、電子教科書の導入は、学校教育の欠陥を補う効果があり、子供達が学習するモチベーションを高め、学習効率を高める事が期待できます。

ちなみに、「検索=自己完結」を否定する方には、「ググレカス」という言葉を謹んで進呈させて頂きます。

Facebook Comments
Tags:
Comments are closed.