地方の産業がグローバリゼーションの波に乗る方法

7月 3rd, 2010 Categories: 1.政治・経済

管首相の民主党は経済成長政策のひとつとして、法人税を段階的に25%まで引き下げる事を検討しているようです。アジアでダントツに法人税が低いのは香港とシンガポールですが、日本の国税からタックスヘイブンとして認識されていました。ところが今年の3月に港日租税条約が結ばれ、なんと香港の海外統括会社から日本本社への利益配当額の95%が無税になりました。こんな素晴らしい制度は地方の中小零細企業もぜひ利用して、海外でどんどん儲けて、日本の本社へどんどん利益配当金を送金してほしいものです。そうすれば地方にもお金がまわり、地元の飲食などのサービス業も景気が良くなって、GDPがガツッと上昇するかもしれません。

そういう訳で、仕事の営業をかねて書いている香港★起業★ブログの方に、あなたの会社は成長するという記事を書きましたので、海外市場(特に香港と中国)へ展開したいと考えている方はぜひご一読下さい。1ページ目の目次を参考としてご紹介します。

<目次>
あなたの会社は成長する

(1)海外進出の手引き
(2)海外進出の第一歩
(3)自力で海外進出する理由
(4)商品を海外でプロモートする
(5)海外進出の戦術
(6)香港の会社設立は難しくない
(7)タックスヘイブンを利用した海外展開戦略

香港へ進出したいと考えられている経営者さん、ぜひこの記事のコメント欄へご連絡ください。(笑

Facebook Comments
Tags: , , , , ,
Comments are closed.