孫正義氏の提案への質問状

私はベンチャービジネス経営者としての孫氏を尊敬しており、光ファイバの回線会社の社長をやってもらって、日本経済を発展させてほしいと願っているものです。しかしながら「光の道」での提案について、佐々木俊尚氏との対談および池田氏・夏野氏との対談を見ても、納得できない疑問があります。孫氏によれば、どんな疑問にも答えるとの事ですので、「光の道」を実現するために、下記の疑問をぜひクリアにして頂きたいと願っております。

データトラフィックが年々倍増している状況から、5年で40倍、10年で1000倍、20年で100万倍も増大する可能性があるとの事です。これはユーザー数や一人が持つ端末数の増大、そして端末が扱うアプリケーションが画像などのリッチコンテンツになるからであると説明されています。

ところでこれらは基幹ネットワークの総トラフィック量の増大としては理解できますが、家庭単位のトラフィック増大量としては理解できません。現在の提案では、電子教科書と電子カルテなど医療用途の話をされていますが、これは学校と病院でのトラフィック増大を意味するので、そこへ光ファイバを接続すれば足りる事で、家庭での総トラフィック量をそれほど増大させません。家庭でのネット接続がADSLでは絶対に足りなくなる、説得力のあるアプリケーション(サービス)の具体例をご提示頂けないでしょうか。

ちなみに家庭内のパソコンや携帯端末が増えても、孫氏が強調するほどの家庭単位のトラフィック量の増大にならないと考える理由は、私の家庭内環境の状況を参考にしています。我が家では私を含めて3人家族の全員がノートパソコンとスマートフォン(iPhoneとXperia)を所持しており、更に息子の所有する任天堂DSとWiiとSony PSPもネット接続可能です。週末の夜には合計9-10台の端末が家庭内Wifi経由で常時ネット接続しています。家庭内で利用するアプリは、妻は、日本に設置したSlingboxから送られる地上波テレビのストリーム画像をパソコン経由で大型液晶テレビで視聴したり、息子はMacのオンライン・シューティング・ゲームを楽しんだり、私はyoutubeで日本のアニメを見たりしています。それでも我が家のネット環境は3MbpsのADSL回線でとりあえず足りているようです。

Facebook Comments
Tags: , , , ,

3 Responses to “孫正義氏の提案への質問状”

  1. 7月 2nd, 2010 at 09:59
    1

    あなたはベンチャービジネスでこれほど成功した大金持ちの孫氏のことはこれだけ尊敬しているのに、ガリ勉して資格で食うくらいしか能のない、成功した実業家に比べたら、ささやかな収入の小市民にすぎない医者のことを、『特権階級』だとか呼んで糾弾するのはなぜなんでしょうね?

    ホント不思議です。

  2. bobby
    7月 2nd, 2010 at 11:08
    2

    ap_09さん、厳しいコメント有難うございます。

    ブログ上の私の基本姿勢として、光の道議論でも口蹄疫議論でも日本の医療問題の議論でも、「是々非々」は通していると考えております。孫氏を成功した企業家として尊敬していますが、下記記事のように、合理的でないと感じるところは指摘させて頂きました。

    http://bobby.hkisl.net/mutteraway/?p=2443

    私はap_09さんの、ブログ記事を通じて医療を少しでも改善しよういう努力を尊敬しています。しかし井上氏の当該記事で、献体の死体解剖が「医者の特権」であるというのは、客観的な事実だと考えます。と同時に、私はこれをもって医者全体を「特権階級」とよんだ事はありません。

    過去にMixiの医療コミュで多数の医師の方々と医療関係の議論を行った経験から、ネット上で発言する医者には、医療を「医者だけのもの」と考える「特権意識」丸出しの人が多数いましたが、それは個々の問題であって医者全体の普遍的問題とは認識しておりません。

  3. 7月 3rd, 2010 at 09:13
    3

    bobbyさん、ご返答をありがとうございました。

    >ネット上で発言する医者には、医療を「医者だけのもの」と考える「特権意識」丸出しの人が多数いましたが、

    以前にかなり不愉快な目にお会いになったようですね。

    私は、偶然恵まれていたのかもしれませんが、周囲にそういう“驕った”医者はあまりおらず、お世話になった先生方は立派な方が多かったです。在日韓国人や中国人の先輩方、同級の友人もあり、そのなかに特別に印象に残る素晴らしい先生もおいででした。在日の人は、学校は平等に行けても就職となると日本社会では難しいものがあるそうで、医師は手堅い職業というので目指すのだそうです。特に中国人の同級生は、その友人が一家のなかで勉強ができたので家族総出で援助し、見返りといってはなんですが、親戚一同、将来面倒を見ないとならないようなことを言っていました。

Comments are closed.