通信のグランドデザインは独自技術を廃しオープン化の方向で

小池良次氏はアゴラで、NTT経営問題は、イノベーションの視点で、と主張されました。松本徹三氏はそれに対して、「光の道」はあくまでNTTの構造分離がされた上でなされるべきであると反論されています。

私は松本氏が以前から述べてこられた電柱や鉄塔などを共有化してどのキャリアも利用できるようにするという案は悪くないと考えています。電柱や鉄塔の多くは、NTTが公社時代に立てたものでしょうから、これをNTTが(会計上の簿価の話ではなくて)市場価値という観点での正当な対価を支払わずに民営化された会社の資産に取り込んだ事には違和感を感じています。また、独占的地位を築くに至っている光ファイバについては、民営化時に保持していた圧倒的な市場競争力の結果であると考えれば、鉄塔や電柱と同様と考えられます。

ゆえに、物理的な伝送路(電柱、鉄塔、電話線、光ファイバ)と交換機等を収容した建造物を、国策によりNTTから取り上げてアクセス会社へ所有権を移管し、更に経営分離する事は、物理的な伝送路の上にのっかる個々の通信企業の市場競争をフェアに行わせる為に、一定の合理性があると考えます。あるいは、一旦分離したアクセス会社を、NTTが(莫大な)市場価格で買い戻させ、NTTの財務に大きなハンディキャップを課すという方法も検討の余地があるかもしれません。

ところで、松本氏の下記の思想には大きな懸念を感じております。

>私の最大の関心事は「日本に理想的な(米国をはるかに超える)情報通信サービス環境を創ること」

仰るように、グランドデザインは極め重要です。あとからの調整はいろんな意味で困難を極めるので、実質的に「手遅れ」になる可能性が有る事は理解できます。ゆえに松本氏の「米国をはるかに越える理想的な」という考え方には、再び日本だけのガラパゴス技術となる事を懸念します。

長期的に勝利するのは、常に標準化されたオープンな技術です。過去を見れば、日本人が世界的な標準化組織で政治力や交渉力を行使する「能力」が無いのは明らかです。(それだけでなく、政治家や外交官の交渉能力も無に等しいといえますね)

世界初の先端技術を目指すより、世界で最も安定して費用対効果の高い製品を目指す」のが、日本の通信業界の正しい戦略ではないでしょうか。

Facebook Comments
Tags:
Comments are closed.