脊柱混入が意味するもの

1月 21st, 2006 Categories: 1.政治・経済

米国産牛肉が開始されて間もないというのに、早くも起こった事故。いや、これは事故はない。

まずは、1月21日付けの朝日新聞のニュース3つをお読み下さい。(記事の画像をクリックすると、オリジナル記事へ飛びます)

米国政府は、あれだけ食肉業者の規則遵守を約束しながら、いきなり子牛の脊柱輸出を許してしまった。

繰り返して指摘するが、30ヶ月以下の牛でBSE発病した例がまだ見つかっていないというだけで、
病原体はすでに何十ヶ月も前から牛の体内に存在している訳である。牛のBSEの感染は、
生後の成長期にプリオン混入によるという研究者もいる。生後4ヶ月だから安全だという証明された科学的根拠はないはずだ。

そして更に重要なのは、今回の事件は現場の検査漏れや検査ミスではない可能性があるという事です。上記記事の内容から推察するに、
そもそも間違った指示が出ていた可能性があります。これは、検査現場の怠慢より更にたちが悪い。

 

日本政府が、米国産牛肉の禁輸措置を迅速に決断したのは正解だと思います。日本が要求している牛肉輸入の条件は、
米国の職人業者にとって厳しいものだと思います。だからこそ、政府の最上部から末端の検査担当者まで、
日本が要求している条件をきちんと理解する必要があります。問題を起こした業者を除外しただけでは、とうてい問題が解決したとは思えません。

Facebook Comments
Tags:
Comments are closed.