上海にあるインター校(2)

11月 11th, 2005 Categories: 3.中国ネタ, 海外子女教育

上海も、調べるとけっこうな数のインター校やインタークラスを持つ学校があります。(1)では市内の2校を紹介しましたが、ここでは
(虹橋の街中から見て)虹橋空港の向こう側の閔行区というところに集まっている学校を3つ紹介します。

3)上海シンガポール国際学校 <幼稚園・
小学・中学>

上海アメリカンスクールを探していて、たまたま前を通りかかったので、ついでに調査しました。

住所は閔行区諸濯鎮紀羅路288号。虹橋カルフール(ショッピングモール)から車で30分以上とけっこう遠い。通りから見ると、
門の奥に校舎があるので狭いような感じだが、裏側に大きなグランドがあったのですが、タクシーを止められなくて、写真を撮れませんでした。
残念。

 

 

4)ブリティッシュインターナショナルスクール <幼稚園・
小学・中学・高校>

住所は閔行区滬南路2729弄600号。虹橋カルフール(ショッピングモール)から車で30分以上とけっこう遠い。
今年の夏に出来たばかりの校舎だ。もう一つの校舎が浦東にある。たぶん、そちらの方がふるいのだろう。この学校の魅力は、
たぶん上海で一番安い学費。年間5万元程度。ほとんどのインターは、その倍以上するのではないか。

これまで見た学校はみな、高い塀で囲まれて中も良く見えないところが多いが、この学校は家の柵のように低くて、
小学生でも簡単に乗り越えられそうな低さだ。

門のところで工事関係の人が話し込んでいたので、デジカメを手に、ヒョイヒョイと中に入ってしまった。何人かの人がこちらを見るが、
誰も何も言わない。そこで、校舎の前がら校庭の方まで探索してみる。

校舎はこじんまりとして、田舎の小学校のような感じです。

 

グランドは4人が並んで一直線に走れる100メートルコースが一つと、その横に芝生のサッカーコート。但し、
手前側のゴールは低い柵があるだけなので、ゴールを外すとボールがたちまち道路へ飛んでいってしまうようだ。

 

 

Facebook Comments
Tags:
Comments are closed.