居酒屋からO2 Xda IIsでサッカー観戦

9月 8th, 2005 Categories: コンピュータ及び科学全般ネタ

TJ氏からO2 Xda IIsを譲り受けて、はや1ヶ月。ようやくその真価を発揮する時が来た。

今日はサッカーの全日本VSホンジュラス戦。友人と共に、チムトンにあるホテル日航の一室に集まってサッカー観戦の日だ。しかし...
衛星テレビ(BSの朝日放送)が映らない!

TVの画面は、とある一コマを映したきり凍り付いている。ホテルのパラボラアンテナの調子が悪いらしくて、
衛星放送のダウンリングをまともに受けられないのだ。

あー、もう7時20分。キックオフの時間。がっかりしながら、ホテルの部屋を後にして、近所の居酒屋でヤケザケ・タイム。

ふとそこで、腰のインロウ、じゃなかったOx Xda IIsが俺を呼ぶ。俺に任せちゃ貰えねえかと。

 居酒屋への道を歩きながら、Windows MovileのExprolerを起動して、
TJ氏に教えられた白箱版PCのロケフリTVのURLを打ち込む。

 メイン画面にログインして、ABC朝日放送のチャネルを選択。
ストリーミング周波数帯域の選択をDialupの28.8Kbpsにする。 するとどうだ、Windows Movile Media
Playerが起動して、荒い画像ながらも、なぜか40Kbpsで、ホンジュラス戦の後半開始直後の映像が、
640×480の画面で躍動を始めた。

(翌日、オフィスで再検証した時の写真)

(写真は、翌日にオフィスで再検証した時に撮ったもの)

 

意気消沈していた友人達が、たちまち歓声をあげて全日本の応援を始める。小さい画面を、みなが取り合いながら、
むさぼるように観戦している。

最後は、全日本が5対4で辛くも逃げ切った。見ていて面白い試合だった。

 

最後に、技術的な補足情報を少し書き足します。

1)使ったPDAはO2 Xda IIs(128MBメモリ内臓)

2)Windows Mobile 2003 Second Edition , 
Version4.21.1088 (Build 15045.2.6.0)

3)ブラウザはOS付属のIE(バージョン情報は、探す場所がわからず不明)

4)ストリーミングの再生ソフトはWindows
Media Player 10 Movile for Pocket PC
, Version 10.0
Build 15045

 Version
9ではストリーミングの再生が出来なかった

5)観戦の間中、ストリーミングの帯域を確保してくれたのはPeopleのGPRS無制限プラン(HKD128/月)。

 いくらTVを観ても追加料金なしのお得プランだ。

6)送信側のテレビサーバーの設定は、Dialup
28.8KまたはDialup 56Kbps
に設定。

7)上記のどちらでも、O2 Xda IIsに内臓のGPRSは、40Kbpsのダウンロード帯域で再生した。

Facebook Comments
Tags:
Comments are closed.