出版会社のサバイバル戦略

池田信夫氏が、これからは直接売文業の時代だと述べています。「これは従来の出版社にとっては災難だが、読者と著者とベンチャー企業にとってはいいニュースである」との事です。私も最初は同じ事を考えました。しかし、迅速な決断を行う事ができれば、既存の出版社が生き残る道も残されているようです。

アマゾンのように、オールインワン(出版権を取得し、ウェブで直販し、専用読書端末まで提供)でやろうとすると、行政に頼り、規制の壁を張り巡らせて著作権鎖国でも知ない限り、日本の出版業界が束になってもアマゾンやアップルには敵わないでしょう。

しかし日本の出版社には別の道も(今はまだ)残されています。専用読書端末(リーダー)という「囲い込み戦略」に走らず、欧米と互換性のある業界標準の文書フォーマット(たとえばPDF)を定め、ハードはハードメーカーに任せるのです。その上で、個々の出版社が電子出版部門を拡張して、集英社や講談社のような大手は自社販売サイトを、中小出版社は楽天のような既存のウェブモールのインフラを利用して消費者とのインターフェイスを取るようにすれば、既存の出版社が生き残る道は残されていると思われます。

但し、現在の放送業界のように、業界全体が既得権の維持に奔走して、ネットへの進出に後ろ向きの姿勢を続ける場合には、池田氏の指摘するように、自費出版とベンチャー企業に侵食されて、既存の出版社が衰退する事は間違いないでしょう

Facebook Comments
Tags:
Comments are closed.