ネットカフェ難民は経済難民か

2月 7th, 2010 Categories: 1.政治・経済

朝日新聞が、ネットカフェ、増える女性客 失業者が長期滞在もという記事で、あたかもネットカフェに「住む」人を経済難民のように書いています。ところで皆さん、ネットカフェに一度でも行った事がありますか?わたしはこの昨年の12月に帰省した時に、松山と岡山のネットカフェに行きました。行ってみて驚いたのは、実に快適な空間だったという事です。ネットがつながり、シャワーを浴びられ、食事もすごく安い。こんなところがあるのなら、全てを自費で負担するアパート暮らしや、寝るだけで1泊6千円もするビジネスホテルがもったいなく感じられました。

逆に考えると、現代の都市で生活する人は、ネットカフェを居住場所に選択する事で、1ヶ月に必要な生活費を(アパート暮らしに比べて)更に低く設定する事ができるので、労働時間がより少ない生活をする事ができると言えます。

しかし、ネットカフェ難民をこのような視点で説明している記事は見た事がありません。朝日新聞の記事中にも紹介された「ホームレスギャル漫画家」浜田ブリトニー氏が、正月のテレビ番組にも出演していましたが、ネットカフェの生活を楽しそうに紹介していました。

ネットカフェ生活者を難民と呼ぶ理由はどこにあるのでしょうか。

Facebook Comments
Tags:
Comments are closed.