首相の靖国参拝中止は問題逃避

6月 3rd, 2005 Categories: 1.政治・経済

新聞や雑誌では連日のように小泉首相の靖国神社参拝中止を論じていますが、ここは長期的な視野に立ち、靖国参拝を前提とした2国間関係を築くべきと思います。

中国や韓国の政府の人から「首相が靖国参拝を止めれば、問題は解決する」というような発言があった。国内でも、新聞がそれを煽っている。

しかし、それは目の前の問題にフタをする行為、または逃避する行為に他ならないと考えます。

首相、閣僚、その他議員の靖国参拝を中国・韓国が咎めるのは、政治的な意図があるからだという事を良く理解しなければなりません。

どのような政治的意図があるかについては、それについて詳しく述べているTV番組や記事も多いので、ここでは簡単な図で、問題点を指摘するに留めます。

20050603 靖国問題1.JPG

現実的に考えましょう。首相や閣僚が靖国参拝をしたからといって、それがエスカレートしていって、日本が再び軍国主義と戦争への道へ突っ走る事が有りえるでしょうか。

否です。

日本の国民は、そのような道を選択しないだけの教養と情報を持っています。右派の議員がどんなに頑張っても、第二次大戦前の日本に戻る事は不可能です。日本にいて、情報収集している中国や韓国の優秀な大使館員も、そのことはよく理解しているでしょう。

このように考えれば、議員の靖国参拝の是非は、純粋な国内問題であって、他国がどうこう言う問題ではありません。

それでは、どうすれば良いのでしょうか?

20050603 靖国問題2.JPG

ゴールにたどり着く道は、常に一つではありません。この図のように、「靖国参拝」を前提とした、良好な関係を進めるように努力すれば、数十年か数世代のうちには、必ず結果がでると思います。

Facebook Comments
Tags:
Comments are closed.