天覧山を楽しむ会

6月 30th, 2004 Categories: 日本酒

日本には美味しい日本酒がある。地酒というのは、特に美味しいらしい。久保田や上善のような全国区ブランドばかりじゃなくて、雑誌に紹介されている美味しい地酒を飲んでみたいですよね。

上海やニューヨークじゃ難しいかもしれませんが、そんな夢が香港なら叶えられるんです。

今回は気合を入れて香港自慢をしましょう。

コーズウェイベイにあるそごうデパートの裏通りに、「にんにく屋和三郎」という和食レストランがあります。そこでは毎月1回か2回、店主である加茂さんの趣向で、地酒の試飲会というのをやっています。毎回違う蔵元さんが自慢のお酒を試飲の為に持参されます。

今回は五十嵐酒造の香保里さんが自慢の天覧山と喜八郎を持って来られました。まずはにんにく屋の加茂さんから来たお誘いメールを、店主の了解を得て下記に引用します。ご覧下さい。

|さて、今月のお酒の会は埼玉県の天覧山さんです。
|
|自慢の大吟醸や生酒を試飲いたします。
|お料理は前菜、手造り寄席豆腐、初かつおのたたき、海老アボガド巻、鴨つくね、
|梅わかめ手打ちそば。
|会費はお一人様$250です。
|
|日程は6月29日(火曜日)、7月1日(木曜日)の19:00より。
|
|酒造りをしている、かほりさんが来てくださいますので、お楽しみに!
|
|それでは、ご興味のある方はいつものようにこのメールを返送していただきか、直接
|お店にお電話をください。
|2504-2511和三郎まで。
|
|それでは、皆様のお越しをお待ちしております。
|
|にんにく屋和三郎
|加茂より。

どうです。お品書きを読んだだけでも、生唾をゴックンと飲み込んじゃいそうでしょう。

今回の試飲会では天覧山と喜八郎という2つのブランドの、下記のお酒を頂きました。

大吟醸     (日本酒度+4、酸度1.3、原料米:兵庫産山田錦、精米歩合48%、アルコール度16.5)
純米吟醸   (日本酒度+2、酸度1.4、原料米:長野産美山錦、精米歩合55%、アルコール度15.5)
喜八郎・純米吟醸
原酒      (日本酒度+1、酸度1.5、原料米:長野産美山錦、精米歩合65%、アルコール度19.0)
純米にごり酒 (日本酒度+2、酸度2.1、原料米:長野産美山錦、精米歩合65%、アルコール度15.5)

試飲会といっても、堅苦しい雰囲気は微塵もありません。お酒は一つずつ順番に出てきます。その間に、前菜やメインディッシュなんかが順番に出てきます。美味しい料理を肴にして、お酒を順番に試飲します。

蔵元から来られた香保里さんが、各テーブルを回って、お酒の作り方や天覧山の特徴なんかを説明しました。香保里さんがサラリーマン時代に同僚だった方がゲストに居て、昔ばなしが飛び出すハプニングもありました。

お店で普通に飲んだら値の張るお酒もありますが、試飲会では料金固定なんで飲まなきゃソンソン。お酒の量も、毎回たっぷりあります。みなさん、自分の気に入ったお酒をどんどんと飲んでいました。

店内で打った手打ち蕎麦が最後に出ると、そろそろお開きの時間です。

最後に、試飲したお酒の感想を書きます。お酒の素人なので、いつも大した事は書けませんが、思いついた事などをつらつらと書いて店主に渡します。試飲会で評判の良かったお酒は、お店に置くのだと店主がいっておりました。

次回の日本酒の会は7月19日で、福岡県二本松の奥の末さんが、金賞受賞の大吟醸、古酒、ハナタレなどを持参するそうです。

Facebook Comments
Tags:
Comments are closed.