風から桶屋に至る合理的因果関係

10月 8th, 2009 Categories: 1.政治・経済

風が吹けば桶屋が儲かるというレベルの話

私の前の記事について、小倉弁護士からこんな反論を頂きましたので、あちらの論点について一つずつ、私の意見を述べたいと思います。(番号を振ってあるのが小倉氏の論点で、その下のコメントが私の意見です)

1.大企業は,解雇規制が緩和されたら,収益が悪化した際に,今まで以上に「エリート労働者」を整理解雇する。

世界中で普通に行われている、常識的な企業行動だと思いますが何か問題がありますでしょうか。欧米の上場している企業の多くは、業績が予想外に悪化した場合に、まずは不採算部門のレイオフなどを行なってP/Lの傷みを修復しようとします。これは資本主義的に合理的な行動です。整理解雇が容易になった場合、(一応は資本主義である)日本でもそうならない理由はありません。

2.雇用が流動化されたとしても,収益が悪化した大企業により解雇された「エリート労働者」は別の大企業や中堅企業から雇用されることはない。

yesでありnoです。個別の企業の収益悪化は、景気全体とは関係なく生じます。通常の景気下で、ある企業が収益悪化により整理解雇を行った場合で、既に「雇用の流動性が高い」社会であれば、景気が良くて人材が不足している他社が、整理解雇されたエリート社員を雇用しない具体的な理由があればご指摘ください。
「雇用の流動性が高まる」という事は、いまのように国内全体の景気が悪い場合には、失職者が多く出て失業率が高まるが、次に景気が上向いた時には「前と同じか更に良い」条件の職を得る可能性も高まり、失業率も下がるという事です。民主主義あるいは資本主義の国で、このような企業行動に何か重大な問題があるという事であればご指摘ください。

3.収益が悪化した大企業から解雇され別の大企業からも雇用されない「エリート労働者」は,起業に必要な資金の融資を比較的低利で受けることはできる。

yesでありnoです。昔も今も、自己調達資金の範囲内で起業する人は多いと思います。ホリエモンが上場させたライブドアのもとになったオン・ザ・エッジの起業時の資本金600万円は融資ではなく(個人的な関係者からの)出資のようです。
製造業や大規模ソフト開発を伴うITサービスなどで企業するには資本金のスポンサー起業が必要です。説得力のある事業計画書を作成して、銀行やベンチャーキャピタルや、懇意にしている中小企業の社長などの資産家を廻って、魅力的なプレゼンを行い、出資者を募ります。小倉氏は起業というと「融資」を想定するようですが、可能な限り「出資者」を募る事をお勧めします。

4.収益が悪化した大企業から突然解雇されて不況下にやむなく起業をすることになっても,「エリート労働者」であれば,不況をものともせず急成長させるようなアイディアを即時に生み出すことができる。

別に即時である必要はありません。「エリート労働者」であれば、「俺は他人よりもっと上手くできる」という自信家の人は少なくありません。起業するのが販社や貿易会社であれば、アイデアよりも、客先や業者との信頼関係が重要です。自分にアイデアがなくても、誰か別の「エリート労働者」のアイデアに乗っかる事もできます。

5.「エリート労働者」はそのようなアイディアを,大企業在籍時には思いつかないか,思いついたとしても会社に提案することはないか,会社に提案したとしても会社からゴーサインを得られない。

yesでありnoです。昔も今もこれからも、社内起業もあれば、在籍中に思いついたアイデアを持って起業する例もあるでしょう。社内起業は、雇用の流動性が社会において、社員のアイデアや起業精神を生かす企業側の戦術だったと思います。雇用の流動性が高まった社会では、起業後に儲かった利益の大半を会社に吸い取られる社内起業制度は、それほど魅力的な制度だとは思えないと考える「エリート労働者」が増えるのではないかと思います。

>新自由主義者の脳天気ぶりにはついて行かれなかったりします。
ついでに申し上げますが、私は自分の事を、新自由主義者とも市場原理主義者だとも考えておりません。長期的に持続可能で効率的なスキームを合理的に追求すると、社会というものは「どのようにあるべき」だろうか、という事を常に考え続けているだけです。池田氏もどこかで述べていましたが、市場にしべてをゆだねるべきだとも思いませんし、そもそも資本主義が最上だとも考えていません。今のところ、他にもっと良い理念や方法が見当たらないというだけです。小倉氏に良い「対案」があれば、ぜひともお聞かせ願いたいと考えています。

Facebook Comments
Tags:

2 Responses to “風から桶屋に至る合理的因果関係”

  1. soujiro
    10月 8th, 2009 at 17:07
    1

    いつも丁寧な説明に感銘を受けます。とても勉強になるます。
    でも正直、小倉さんにかまうのは時間の無駄ではないですか?
    「被告人ホリエモンを支持するかわいそうな人」なんて反論が来るような予感がします(笑)

  2. bobby
    10月 9th, 2009 at 14:54
    2

    soujiroさん、コメント有難うございます。

    >でも正直、小倉さんにかまうのは時間の無駄ではないですか?

    世の中にはいろいろ刺激的な意見を持つブログがあります。池田信夫blogやアゴラなどは、私にとって正の刺激です。小倉氏のla_causetteは、私にとって負の刺激です。(ちなみにbenliは正の刺激を与えてくれます)どちらの刺激も、私の思考意欲を盛り上げて、このブログに新しい記事を生み出してくれるので、それらの記事の書き手に感謝しています。

Comments are closed.