新保守党

9月 28th, 2009 Categories: 1.政治・経済

朝日新聞によれば、自民党の新総裁は谷垣氏に決まったようです。以下に新聞の内容を引用します。

「自民党総裁に谷垣禎一元財務相(64)が選ばれた。国会議員票(199票)、地方票(300票)双方で過半数を得て、河野太郎(46)、西村康稔(46)両氏を破った。3氏の得票数は、谷垣氏300票(国会議員票120票、地方票180票)、河野氏144票(国会議員票35票、地方票109票)、西村氏54票(国会議員票43票、地方票11票)で、国会議員票のうち1票が無効票だった。(2009年9月28日14時45分)」

これで自民党の将来はジリ貧の消滅路線が決まったようなものです。河野太郎議員と、彼に票を入れた34人の議員(河野氏自身の票を除く34票)は、もはや自民党でやるべき事は何もない筈でしょう。河野氏と34人の議員が自民党を割って出て「新党」を結成し、民主党に相対する真正の野党として、日本の経済と行政の改革を目指して欲しいと望むものです。

そこで新党の名称ですが、私は「みんなの党」という名前が残念ながらあまり好きではありません。シンプルでオーソドックスな名前が、二大政党に相応しいと考えています。そこで新党の名前ですが、「保守党」または「新保守党」というのはどうでしょうか。

そして、みんなの党が新党へ合流すれば、総勢40人の議員となって、いきなり野党第二党が誕生するでしょう。来年の参院選挙で勝利した後は、(いろいろなしがらみにより)自民党に残っている若手と中堅が一気に新党へ移籍して、自民党は野党一党の座から滑り降り、昔の社会党と同じ運命を辿るでしょう。

Facebook Comments
Tags:

One Response to “新保守党”

  1. 9月 29th, 2009 at 14:59
    1

    保守党 Conservative Party ですね。いい名前だと思います。

Comments are closed.